土屋太鳳、多忙の一年振り返る「30年間くらい生きた気分」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
来年の抱負も口にした土屋太鳳

 女優の土屋太鳳が4日、都内で行われた「銀座コージーコーナーの夢のクリスマスケーキ コンテスト2016」に出席。多忙だった一年を振り返り、「ありがたいことにたくさんの役を生きることができたので、今年は30年間くらい生きた気分」と感想を述べると、「忙しくてななかなか友達に会うこともできなかった。お世話になった方に来年も(役を通じて)いろんな感情を届けられたらいいなと思います。いろんなことに挑戦していきたい」と来年の抱負を口にした。

土屋太鳳、多忙の一年振り返る「30年間くらい生きた気分」 画像ギャラリー

 “こんなクリスマスケーキがあったらいいな”と思うケーキのイラストを全国の子供たちから募集。グランプリを受賞した作品を限定200台の「Kid's Dream Cake」として商品化する本プロジェクト。土屋は銀座コージコーナーパテシエールの衣装で登場すると、17,633通の応募から見事グランプリを射止めた平野愛実さん(5歳)の「クリスマスレインボーケーキ」を前に、「ものすごく可愛くて、お子さんが考えるケーキはすごく素晴らしいなと思いました。大人が考えられないような夢に溢れた作品。元気をもらえました」とにっこり。

[PR]

 この日は自らケーキ作りの仕上げ、クリーム絞りの作業にも挑戦。自身もかつて連続テレビ小説「まれ」で世界一のパティシエをめざすヒロインを演じたことがあるが、「ケーキ作りは朝ドラでやらせてもらっていたんですけど、クランクインまでにずいぶん練習しました。技術的にも体力的にも大変な仕事だと思いました」とケーキ作りの職人たちにこの日改めて敬意を表し、「パテシエールはわたしにとっても特別な存在。自分の人生に影響を与えてくれた職業」としみじみ。

 最後に今年のクリスマスの予定を聞かれると、「毎年恒例は家族と過ごすことですが、ホームパーティに憧れているので、今年は大学の友人とか一杯集めて、クリスマスケーキを作る会をしたい」とコメント。「彼氏と過ごしたりしないの?」とも問われたが、これをやんわり否定。「そうですね……人生勉強ですね」と意味深な発言で話題をはぐらかしていた。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]