シネマトゥデイ

千葉雄大『暗黒女子』で女子高生に翻弄されるメガネ教師に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ウブなだけじゃない! - (C) 2017「暗黒女子」製作委員会 (C) 秋吉理香子/双葉社

 俳優の千葉雄大秋吉理香子のイヤミス(後味の悪いミステリー)の実写映画化作品『暗黒女子』で、女子高生たちに翻弄される教師の北条を演じることが発表された。男子校出身のため女子校が「ある意味新鮮だった」と話す千葉は、「女の子の世界は怖い」と本作について語っている。

【写真】少女たちの視線の意味は…

 清水富美加飯豊まりえがダブル主演を務めるこの映画は、聖母マリア女子高等学院という学校が舞台。ある日、全校生徒の憧れだった白石いつみ(飯豊)が校舎の屋上から転落死するが、自殺か他殺か、事故なのかわからない。しかし、なぜかその手には「すずらんの花」が握られていた。事件後、いつみが主宰していた文学サークルのメンバーたち(清野菜名玉城ティナ小島梨里杏平祐奈)は、いつみの親友・澄川小百合(清水)が開催する朗読会に集結し、「白石いつみの死」をテーマにそれぞれに犯人を告発する作品を発表していく……。

[PR]

 千葉が挑戦した文学サークルの顧問・北条先生役は舞台となる女子高における唯一の男性キャラクター。女子高生達に卑猥な話題でからかわれて退席するなどウブな一面を持つが、教師として「あるまじき秘密」も隠し持っているという。「難しい役柄でした」と撮影を振り返る千葉は今回の作品について「仲良さそうに見える女生徒たち一人一人の視点で物語が進んでいくのですが、女の子の世界は怖いなと思いました」とコメント。また、イヤミスの傑作として旋風を巻き起こした小説の実写化作品であるだけに「最後のどんでん返しは衝撃的です」とメッセージを送っている。

 『百瀬、こっちを向いて。』『MARS~ただ、君を愛してる~』などの耶雲哉治監督がメガホンを取り、若手女優たちが毒々しく華やかに彩る作品には、衝撃のラスト24分が用意されている。(編集部・海江田宗)

映画『暗黒女子』は2017年4月1日に全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]