実写版『美女と野獣』にゲイのキャラクター登場!監督が明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
美しいヒロイン、ベル! - (C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 エマ・ワトソン主演のディズニー実写映画『美女と野獣』に、ゲイのキャラクターが登場するという。メガホンを取ったビル・コンドン監督がゲイ向け雑誌「Attitude」のインタビューで語った。

エマたちからメッセージ!【動画】

ガストン&ル・フウ! - (C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 美しい心を持った女性ベル(エマ)と野獣(ダン・スティーヴンス)の恋の行方を見つめる本作で、ベルと野獣の前に立ちはだかるガストン(ルーク・エヴァンス)の子分的存在であるル・フウ(ジョシュ・ギャッド)がゲイのキャラクターとして登場するという。コンドン監督は、「ル・フウはいつかガストンのようになりたいと思ったり、別の日にはガストンにキスしたいと思ったりしているんだ。彼は自分がどうしたいのかについて困惑している。彼はそういった感情を抱いていることに気付いているだけなんだ。ジョシュはそれを本当に絶妙かつ上手に演じてくれた。それはそれで最後にクライマックスを迎えるんだけど、ばらしたくないからね。でも、それは素敵で、ディズニー映画において、まぎれもなくゲイ的な瞬間を迎えるね」とコメント。

[PR]

 過去には『ファインディング・ドリー』にディズニー/ピクサー作品として初めてのレズビアンカップルが登場しているようだと話題になったが、ドリーの声を担当し、自らが同性愛者であることをカミングアウトしているエレン・デジェネレスは、本当にレズビアンカップルかわからないうえに、「女性の一人はとてもよくないショートヘアだったわね。もしもそれがレズビアンの定義だとするなら、あえてその髪にしたのかしら? ショートヘア、特によくないヘアスタイルだからといって、レズビアンということにはならないわ。彼女を担当した美容師はヘタクソだったのよ」と冗談っぽく本音を漏らしていた。

 コンドン監督をはじめ、キャストのルーク、イアン・マッケラン(時計のコグスワース役)が同性愛者であることを公にしている本作では、ル・フウがどのようなキャラクターになっているのか、公開後のお楽しみということになりそうだ。(編集部・石神恵美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]