シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

伊勢谷友介、映画『3月のライオン』後編に身勝手な父親役で出演

伊勢谷友介、映画『3月のライオン』後編に身勝手な父親役で出演
前編・後編イッキ見試写会が行われ(左から)有村架純、神木隆之介、伊勢谷友介、大友啓史監督が出席した

 映画「3月のライオン」前編・後編イッキ見試写会がTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、神木隆之介、有村架純、大友啓史監督、さらに川本家の父親・誠二郎役で出演が発表された伊勢谷友介が出席した。

 本作は羽海野チカの大ベストセラーコミックを、映画「るろうに剣心」シリーズなどの大友監督がメガホンを取った人間ドラマ。家族を亡くして孤独に生きてきた17歳のプロ棋士桐山零(神木)が、ある3姉妹と心を通わせながら厳しい将棋の世界を突き進む姿を描く。

 伊勢谷が演じたのは、川本家3姉妹が幼い頃に家を出た奔放(ほんぽう)な父親・誠二郎。後半から登場するキャラクターで、伊勢谷はスマートフォンを片手に「好き勝手に生きるのも意外と悪くないと思います」とユーモアたっぷりに写真を撮りながら入場すると、神木がすかさず「好き勝手すぎますよ」と突っ込んで笑いを誘う一幕も。

 演じた誠二郎について伊勢谷は「昔はこういう人いたよねって感じる所もあると思うでしょうけど、それを現代でやったら強烈になったのではないですかね。だから、現場では当たり前な役をやらない感じが刺激的でした」と振り返った。

入場
スマートフォン片手にユーモアたっぷりに入場した伊勢谷

 また、これまでNHK大河ドラマ「龍馬伝」や「ドラマスペシャル・白洲次郎」、映画「るろうに剣心」シリーズなどで伊勢谷と組んできた大友監督は、脚本を執筆中に伊勢谷が浮かんできたといい「これを伊勢谷さんが演じたら面白いのではないかと思った事に尽きます。これまで白洲(次郎)や高杉(晋作)を演じてもらいましたから、真逆のイメージを見てみたいなと」と起用の理由を説明。

 そんな伊勢谷との共演について神木は、本番やテストを通して誠二郎の「君さ、帰れよ」のセリフで火を付けられたエピソードを紹介。柔らかな人柄の誠二郎が放つギャップある一言に、「誠二郎さんはほんわかしている中にとんでもない化け物が棲んでいるのをその一言で感じて、これは油断したら零として吹っ飛ばされると思って、正々堂々と戦わなければと思わされました。ありがとうございます」と感謝していた。(取材・文:中村好伸)

映画『3月のライオン 前編』は3月18日、『3月のライオン 後編』は4月22日より全国公開


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2017年
  3. 3月
  4. 5日
  5. 伊勢谷友介、映画『3月のライオン』後編に身勝手な父親役で出演