まゆゆが男の下腹部を!?純愛コメディードラマで平成の阿部定に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
純愛を求めるあまりとんでもない行動に! 渡辺麻友が新境地に挑む

 アイドルグループAKB48の“まゆゆ”こと渡辺麻友が、4月にスタートするテレビ朝日系連続ドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」(毎週日曜・深夜0:40~1:10)で主演を務めることが明らかになった。劇中で渡辺は、純愛を貫くあまり男性の下腹部を切断する“平成の阿部定”ともいえるセンセーショナルな役柄に挑戦する。

【写真】清楚なだけじゃない!セクシーなお尻丸見え…

 1936年、仲居・阿部定が交際相手を殺害し、その下腹部を切断した「阿部定事件」。その猟奇性もあり現代まで語り継がれる大騒動となったこの事件は後に、大島渚監督の『愛のコリーダ』など、男女の愛を描き出す数多くの映画や小説のモチーフになっている。

[PR]

 ドラマは事件を描くものではなく、平成の世の中を舞台にした1話完結のコメディー。竹細工の製造販売を生業にしながら婚活に精を出す主人公・桐山さおり(渡辺)が、出会う男たちの隠された本性を知るたび、「純愛を貫き通すため」「理想の男性に裏切られた復讐のため」「愛の方向性がズレたため」に下腹部を切断していく姿を描く。

 トップアイドルとして、実にリスキーな役どころに挑戦する渡辺は「お話をいただいた時は驚きました。あの衝撃的な事件、阿部定事件がドラマ化? 私が平成の阿部定?! 今まで演じた事のない役柄です! 私自身も大きな挑戦となります」と緊張。「純愛を求め過ぎたが故に行き着く果て。毎週日曜深夜、皆様に刺激的な夜をお届けしたいと思います!!」と意気込みを語っている。

 脚本を手掛けたのは、青春映画の傑作として高い評価を受ける『桐島、部活やめるってよ』や『ディストラクション・ベイビーズ』などに携わった喜安浩平。稀代の脚本家が描く刺激的なセリフに、清楚なイメージをかなぐり捨てて(?)挑む渡辺に注目。ドラマ「戦う!書店ガール」出演時に「幅広い役を演じられる女優になりたい」と展望を明かしていた彼女の熱演に期待したい。(編集部・入倉功一)

ドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」はテレビ朝日系で4月スタート(毎週日曜・深夜0:40~1:10)
放送直後より動画配信サービス「ビデオパス」「テレ朝動画」にて配信

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]