『カーズ3』が描くのはメンターであること&自分を信じること!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大クラッシュ… - 映画『カーズ/クロスロード』より - (C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオおよびピクサー・アニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるジョン・ラセターが来日して今後公開するアニメーション作品のプレゼンテーションを行い、シリーズ第3弾『カーズ/クロスロード』について語った。

映画『カーズ/クロスロード』ポスタービジュアル

 美術教師の母、カーディーラーの父を持つラセターにとって、真っ赤なレーシングカーのライトニング・マックィーン(声:オーウェン・ウィルソン)を主人公にした『カーズ』シリーズはとてもパーソナルな作品。「第1弾が公開された2006年からはテクノロジーも格段に進化し、車の表現もリアルになった。エモーショナルでハートウォーミングなスポーツ映画になっている」と自信を見せる。

[PR]

 かつてのルーキーだったマックィーンも次世代の車たちの台頭で過去の車となり、「引退」の二文字もちらつくように。本作でマックィーンのライバルとなるのが、次世代のルーキー、ジャクソン・ストーム(声:アーミー・ハマー)で、彼は実際に外を走ったりせず、シュミレーターのみで訓練をしてきた若者。ハイテクな訓練のおかげで走行ラインをつかむのが抜群にうまく、レース中にストームを抜けないと焦ったマックィーンは大クラッシュしてしまう……。

 ラセターは「マックィーンはクルーズ・ラミレス(声:クリステラ・アロンソ)というレーサーでトレーナーの若い女性と出会って、ストームがしてきたようなハイテクなトレーニングをするのだが、何か欠けているものがあると感じてかつての田舎町へ戻るんだ。そこでドック・ハドソン(※ポール・ニューマンさんが声優を務めた、マックィーンの成長には欠かせなかったキャラクター)との関係、彼のアドバイスを思い出すことになる」と説明。「本作はメンターを持つこと、自分がメンターになること、そして自分を信じることについての物語なんだ」と力を込めた。

 次の2~3年でディズニーは『アナと雪の女王』の短編『オラフズ・フローズン・アドベンチャー(原題) / Olaf's Frozen Adventure』、続編『アナと雪の女王2』、『シュガー・ラッシュ』続編、「ジャックと豆の木」を題材にした『ジャイガンティック(原題) / Gigantic』、ピクサーは『カーズ/クロスロード』に加え、メキシコの「死者の日」をテーマにした『ココ(原題) / Coco』、『Mr.インクレディブル』続編、『トイ・ストーリー4』の公開を予定している。(編集部・市川遥)

映画『カーズ/クロスロード』は7月15日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]