野村周平はトラブルメーカー!?本人は「見分ける力がある」と自信満々も…

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
玉城ティナ、平祐奈、野村周平、黒島結菜、健太郎

 河野裕の大人気小説を原作にした映画『サクラダリセット 前篇』の初日舞台あいさつが、25日、東京・TOHOシネマズ新宿にて行なわれ、「記憶保持」の能力を持つ高校生・浅井ケイ役を務める主演の野村周平が登壇し、自ら持つ特殊能力は「人を見分ける力」だと胸を張るも、共演した健太郎からトラブルメーカーの気質があることを暴露された。

【画像】仲がよさそうな野村周平と健太郎の様子

 2部作のうちの前篇が公開となったこの日、本編上演後に、野村、黒島結菜平祐奈、健太郎、玉城ティナ恒松祐里ら出演者たちと深川栄洋監督が登場。イベントが行われたのは午前中だったこともあり、野村はまず「おはようございます」とあいさつ。さらに、「公開おめでとうございます」と客席に向かって丁寧にお辞儀。司会者から「どうして(そこであいさつを)?」と言われると、「他にもたくさん(制作に関わった)スタッフがいるので……」と照れ笑いを浮かべ、仲間たちと作った作品の無事公開を喜んだ。

[PR]

 撮影は、台本読みの時が全員の初顔合わせだったそう。野村はその時の様子を「みんな人見知りなんですよ。僕は違うので」と語り、積極的に「おはよう!」と声を掛けたらしい。ところが、全員の反応が悪く、「『感じ悪! 俺のこと、嫌いなん?』と思った」と口をとがらせる場面も。だが、映画にちなんで、自分の持つ特殊能力を聞かれた野村は、「この人とは仲良くなれるとか、この人とは関わらないほうがいいとか、人を見分ける能力がある」と宣言。「だからいざこざに巻き込まれない」と胸を張ると、健太郎から、「自分でいざこざを起こしてからいなくなるからだよ」とつっこまれ、「そうか」と納得。今ではすっかり仲良くなったようだった。

 本作は、能力者たちが暮らす街「咲良田」を舞台に、浅井(野村)と、世界を3日分巻き戻す能力「リセット」を発動する春埼美空(黒島)が、2年前に亡くなった同級生・相馬菫(平)を取り戻そうと、それぞれの能力を駆使して奮闘するさまを描く。映画『神様のカルテ』シリーズを手がけた深川監督がメガホンを取り、みずみずしい青春ストーリーに仕上がっている。野村は舞台上で「公開初日は、(作品が)僕たちの手から離れて、『あそこを変えよう』とかできない。皆さんの感想が大事なので、盛り上げていきましょう」とアピールしていた。(取材・文:尾針菜穂子)

映画『サクラダリセット 前篇』前篇は公開中、『サクラダリセット 後篇』は5月13日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]