武器を持たず戦場を駆けた兵士!メル・ギブソンが描く衝撃の実話『ハクソー・リッジ』特報

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
何故、彼は銃を持たずに戦場へ? 命を救い続けた男の戦いが描かれる - (C) Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

 第2次世界大戦中に武器を持たず戦地に赴き、多くの負傷兵を救った衛生兵の実話をメル・ギブソンが映画化した『ハクソー・リッジ』の日本公開が6月24日に決定し、過酷な戦場を駆ける主人公の姿を追った特報映像が公開された。

【動画】激しい戦闘…『ハクソー・リッジ』特報

 メルが『アポカリプト』以来10年ぶりにメガホンを取り、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズや『沈黙-サイレンス-』のアンドリュー・ガーフィールドが主演を務めた本作。第89回アカデミー賞において、受賞は逃したもののメルが監督賞、アンドリューが主演男優賞にそれぞれノミネート。録音賞と編集賞の2部門で受賞を果たした。

[PR]

 アンドリューが演じたデズモンド・ドスは、武器を持たないまま戦場で数多くの命を救い、良心的兵役拒否者として、アメリカ史上初めて名誉勲章が与えられた実在の人物。本作では、彼がなぜ銃を持たずに戦場に赴き、いかにして傷ついた兵士たちを救っていったのかを、沖縄戦における難攻不落の断崖“ハクソー・リッジ”を舞台にした、激しい戦闘の様子を交えて描き出す。

 公開された特報では、近距離で兵士たちがぶつかり合う、し烈な戦いの一端が明らかに。無数の死体が転がる戦場で、1人でも多くの命を救うため死力を尽くすドスの姿が映し出される映像は、特報内で言及されている「『プライベート・ライアン』を超える戦闘シーン」という評価にもうなずける出来栄えだ。敵からの手榴弾を手で払いのけ、もう1発をキックで蹴り飛ばす、アンドリューのアクションにも目を見張る。(編集部・入倉功一)

映画『ハクソー・リッジ』は6月24日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]