小栗旬のものまね芸人、あのセリフ連発でハッスル 本人も公認

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「まーきの!」いただきました!

 小栗旬のものまね芸人・おばたのお兄さんが6日、都内で行われた「『よしもと福島シュフラン』発足!! 試食選考会」に、佐藤浩市のものまね芸人・いしいそうたろうらと登場。先日放送されたバラエティー番組で、小栗本人から「もっと(自分で)遊んでください」と公認を受けたおばたのお兄さんは、「まーきの!」連発のハッスルぶりで、会場を沸かせた。

【写真】佐藤浩市のものまね芸人も

 おばたのお兄さんは、小栗のものまねでイベントに参加することは今回が初。「似てる~」の声を受けたおばたのお兄さんは「芸人さんと絡ませていただいてうれしく思っています。今日は僕のラジオの最終回に来ていただいた佐藤浩市さんと(来ました)」と完全に小栗になりきってあいさつした。

[PR]

 また、福島のおすすめ商品として甘酒「あまざけ」を紹介すると、「普段レモンサワーばっかり飲むんですけど、やっぱりお酒と言えば甘酒。すっごくおいしくて、これならグイグイいけちゃう」とコメント。いしいから「誰と飲むの?」と質問されると、『花より男子』シリーズで小栗が演じた花沢類の有名セリフ「まーきの!」を全力で披露し、報道陣を笑わせた。

 一方の佐藤は、ご飯のお供「うまくて生姜ねぇ!!」をおすすめし、「生姜を本当に細かく刻んでいます」と説明。おばたから「何で刻んでいるんですか?」とアシストを受けると、小道具のナイフを取り出して刃を舐めるという、映画『ザ・マジックアワー』(2008)のワンシーンを披露し、「のせるな~旬は」と満更でもない表情を浮かべた。

 そんないしいも5年前に佐藤に公認されたというが、「去年またお会いしたときにナイフを舐めるものまねをしたら、『君はいつまでナイフを舐めているんだ』と注意を受けた」そうで、「怒ってはいないけど、多少あきれていました」と苦笑いした。この日は三瓶ぺんぎんナッツ横澤夏子ゆりやんレトリィバァも出席した。(取材/錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]