死んだ強盗夫の代わりに妻が…『それでも夜は明ける』監督の新作に新キャスト

出演が決まったギャレット・ディラハント
出演が決まったギャレット・ディラハント - JB Lacroix / WireImage / Getty Images

 スティーヴ・マックィーン監督の『それでも夜は明ける』やテレビシリーズ「ハンド・オブ・ゴッド」のギャレット・ディラハントが、マックィーン監督の新作映画『ウィドウズ(原題) / Widows』で再タッグを果たすことになったとDeadlineが報じた。

【写真】スティーヴ・マックィーン監督

 本作は『ゴーン・ガール』原作者のギリアン・フリンの小説の映画化で、4人の強盗たちが計画執行中に命を落とし、残された妻たちが次なる盗みを仕掛けるというストーリー。マックィーン監督とフリンが共同で脚本を手掛ける。ディラハントの役柄の詳細は伝えられていない。

 その他のキャストに、『フェンス』で今年のアカデミー賞助演女優賞を受賞したヴィオラ・デイヴィスのほか、コリン・ファレルリーアム・ニーソンらが決まっている。(鯨岡孝子)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]