シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

野村周平「続編とかイヤだよ!」主演作に本音ポロリ

野村周平「続編とかイヤだよ!」主演作に本音ポロリ
主演作の初日を迎えた野村周平

 俳優の野村周平が13日、都内で行われた映画『サクラダリセット 後篇』初日舞台あいさつに登壇し、キャリア初の2部作映画の主演として、これまで演じたことのなかったキャラクターに挑んだ本作について、「続編とかイヤだよ!」と思わず本音を漏らした。この日は、黒島結菜、平祐奈、健太郎、玉城ティナ、恒松祐里、吉沢悠、丸山智己、深川栄洋監督も来場した。

 河野裕の同名小説が原作の本作は、記憶保持能力を持つ高校生・浅井ケイ(野村)など、さまざまな能力者たちが暮らす街・咲良田を舞台に描く青春ミステリー。2部作の前編では、2年前に死んだ同級生・相麻菫(平)をよみがえらせたケイたち。後編では、相麻の死の真相や街の秘密を明かし、能力者の一掃計画を進める浦地正宗(及川光博)との“咲良田の未来”をかけた最後の聖戦に挑む。

 野村は、「(本作が)ある意味壁でした」と告白すると、「僕とは真逆の賢くてクールという役を初めてやらせていただき、セリフも膨大だったんですけど、今思い返すと『楽しかったなぁ』と『つらかったなぁ』が交差しています」と述懐した。

 一方、撮影時の平について、深川監督は「役者に『自由に演じて』と言うと、(たいていの人は)『自由ってどうしたらいいの?』って困るんですけど、平さんは『えー、自由にやっていいんですか?』って(喜んで)面白い芝居をされるので、面白い女優さんだなと感じていました」と紹介していた。

 その後、2部作完結を祝う薬玉を全員で割ると、野村にサプライズである演出が行われることに。野村は早とちりで「続編とかイヤだよ!」と叫ぶが、実際は「続編の発表」ではなく、共演者からの感謝の手紙リレーで、「また共演できるといいな」(平)、「わたしのこと忘れないでください」(黒島)、「運動神経を生かしたアクションも見てみたい」(吉沢)、「世界へ広げて」(深川監督)など、順番にメッセージが贈られた。

 野村は「期待してるでしょ、涙。出ないから」と言いつつも、「こういうことを舞台上でされるのは初めてなので困惑していますが、こういうの(手紙)を見ると次の作品も頑張ろうと思うので、またみんなと会って、変わらない野村周平でいられるよう頑張ります」と感謝。そして、映画の大ヒットを観客にゆだねると、「(興行収入)300億円を超えたら続編をやります。次はハリウッドでお待ちしています!」と宣言し、会場を盛り上げた。(取材/錦怜那)

映画『サクラダリセット 後篇』は全国公開中


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2017年
  3. 5月
  4. 13日
  5. 野村周平「続編とかイヤだよ!」主演作に本音ポロリ