佐藤浩市、千利休役なのにコーヒーを飲んでいた!暴露される

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
和気あいあい! - 佐藤浩市、野村萬斎、市川猿之助

 俳優の佐藤浩市が3日、都内で行われた映画『花戦さ』初日舞台あいさつに出席し、茶人・千利休を演じていたにもかかわらず、撮影現場ではコーヒーを飲んでいたことを共演者から暴露され、会場の笑いを誘う一幕があった。この日は野村萬斎市川猿之助中井貴一佐々木蔵之介山内圭哉和田正人森川葵吉田栄作篠原哲雄監督も登壇した。

豪華キャスト集結!『花戦さ』初日舞台あいさつフォトギャラリー

 天下人となった豊臣秀吉(猿之助)に対して、刃ではなく花で戦いを挑んだ華道家元・初代池坊専好(萬斎)の姿を描いた本作。満員の観客を見渡した萬斎が「いかがでしたでしょうかね」と呼び掛けると、万雷の拍手。「笑った方もいらっしゃるでしょうし、泣いた方もいらっしゃるかもしれません。寝ていた方も、いらっしゃったかもしれませんが、今日という日を迎えられてうれしいです。本当にじっくり観ていただきたい映画ですし、一つ一つのシーンも見どころ満載(萬斎)だったと思います」とニヤリと笑った。

[PR]

 豪華キャストがそろった撮影現場は「ロイヤルストレートフラッシュというか。そろったなという感じでした(萬斎)」、「異種格闘技戦で、いろんなところで頑張りました(中井)」とそれぞれに特別な思いがあったよう。そんな中、父・三國連太郎さんも映画『利休』で演じた千利休役の佐藤について、和田が「利休と専好さん(萬斎)のシーンは、二人が乗り移ったんじゃないかというくらい緊張感があるシーンで印象的でした」と振り返るも、「ただ、佐藤浩市さんは、その格好のままコーヒーを飲んでいて。お茶じゃないんだと。それが印象的でした」と暴露。佐々木も「『(利休が愛した)黒樂茶碗じゃなくて、紙コップかい!』と思いましたけどね」とちゃかして会場を笑いに包んだ。

 『のぼうの城』に続いての萬斎との共演となった佐藤は、「また萬斎さんを間近で見られる面白さがある。今度はどうするんだろうと、お客さんの気持ちで見られる」と笑顔。一方の萬斎も「映画で共演するのは二度目ですし、わたしもけったいな役が多いので、それを受け止めていただける方がいることは幸せだと思います」と佐藤に全幅の信頼を寄せていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『花戦さ』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]