山田孝之、完全裏方!プロデューサー専念の新作映画、主演は阿部進之介!

画『デイアンドナイト』でタッグを組む主演の阿部進之介とプロデューサーの山田孝之
画『デイアンドナイト』でタッグを組む主演の阿部進之介とプロデューサーの山田孝之

 俳優の山田孝之が、2018年公開予定の新作映画『デイアンドナイト』をプロデュースすることが明らかになった。自らは一切出演せず裏方に専念。主演は同じ事務所の仲間で長年の友人でもある俳優・阿部進之介が務める。

【動画】山田孝之、顔を見せナシで舞台あいさつ!

 山田は、ドキュメンタリードラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」でカンヌを目指して裏方に徹した映画プロデュースを試みるも、紆余曲折を経て製作は中止に。先日、主演も兼ねるプロデュース作『ハード・コア』の制作が発表されたが、裏方に徹するのは初となる。

[PR]

 映画は、自分の定義する善悪によって翻弄される主人公を通して、観客の「善悪」の定義に一石を投じる野心作。映画初主演となる阿部が企画・原案も務め、山田も、俳優としてあわただしい日々を過ごす合間を縫って、プロモーションプラン、キャスティング、スポンサー集めなど1から企画に携わり、撮影に向けて準備を進めている。

002
一切の出演なしで裏方に徹する山田孝之

 本作について山田は「優しさと厳しさ、理想と現実を見せたとき、そこに善と悪を決めつけることで自分を保つ人は多いのではないかと思う。善と悪など答えはないけれど、自分の中で決めなくては生きていられない。しかし、それでも問いたい。生かされることを人生と思って欲しくないから。そんな映画を作りたくてデイアンドナイトは始まりました」と説明。「荒削りかもしれない、下手くそかもしれない、でも挑戦しないなんて賢い生かされ方はしたくない」と決意を語っている。

 撮影は今年11月、ロケ地は秋田県鹿角市と三種町を予定しており、山田と阿部は両市の市長らと会談し、実際に現地を訪れて撮影のイメージを膨らませている。また主演以外のキャストは現在検討中だが、幅広い役柄をオーディションでも募集する。役者を目指す人を対象にした新サービス「ミラーライアー」を通じて応募を受け付け、山田と阿部も相手役を務め審査にも参加。ロケ地である秋田での現地オーディションも開催予定だ。

[PR]

 監督はドラマ「100万円の女たち」や「ポケットモンスター」の広告など幅広く活躍する若手クリエイターの藤井道人。脚本は映画を中心にドラマ、CMなどを手掛ける小寺和久。主演の阿部は「私と藤井監督との出逢いで生まれたこの企画が、多くの仲間の助けを得て1つの映画に成ろうとしている事を、大変嬉しく思っています」と感謝。藤井監督も「山田さんをはじめ、たくさんの方の支えがあって本作がクランクイン出来ることに感謝しています。既成の概念や枠を飛び越えた作品になるように、スタッフキャスト共に団結して完成させたいと思います」と語っている。

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]