映画会社ワインスタイン・カンパニー、新アニメ部門を設立

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ワインスタイン・カンパニー
ワインスタイン・カンパニー - Mark Davis / Getty Images

 『愛を読むひと』『イングロリアス・バスターズ』『英国王のスピーチ』など数々の秀作を手掛けてきた映画会社ワインスタイン・カンパニーが、新たにアニメ部門ミズチーフ(Mizchief)を設立するとDeadlineなどが報じた。

【動画】夢の舞台へ突き進め!『フェリシーと夢のトウシューズ』予告編

 第1弾となるのが『フェリシーと夢のトウシューズ』(8月25日~米公開、日本公開中)。19世紀末のパリを舞台に、施設で暮らしていた少女フェリシーが、憧れのバレリーナになるために新しい世界に飛び込む姿を生き生きと描くアニメーション。声優をエル・ファニングデイン・デハーンカーリー・レイ・ジェプセンなどが務めている。

[PR]

 第2弾は、中国・北京に拠点を置くゲイリー・ワン率いるライフ・チェイサー・アニメーション・スタジオとワインスタインがタッグを組んだ『ザ・ガーディアン・ブラザーズ(原題) / The Guardian Brothers』で、声優はメリル・ストリープニコール・キッドマンエドワード・ノートンなど。その他に『ザ・ファイヤーワーク-メイカーズ・ドウター(原題) / The Firework-Makers Daughter』『ザ・クリケット・イン・タイムズ・スクエア(原題) / The Cricket in Times Square』などが企画段階にあるそうだ。

 新たなアニメ部門ミズチーフは、ワインスタイン・カンパニーの共同設立者ハーヴェイ・ワインスタインの息子が、Mischiefをミズチーフ(Mizchief)と呼び間違えたことから生まれたそうだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]