井上真央、大河以来の連ドラ主演!トラウマを抱えたスクールカウンセラーに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大河ドラマ以来の連ドラ主演を務める井上真央

 女優の井上真央が、カンテレ・フジテレビ系の10月期ドラマ「明日の約束」(火曜・夜9時)で、2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」以来、約1年9か月ぶりに連続ドラマ主演を務める。本作で、母親との間にトラウマを抱えた高校のスクールカウンセラーにふんする井上は「親子の関係をじっくりと描けるような作品をやってみたいと思っていたので、お話を聞いた時は嬉しい気持ちと同時に、繊細で難しいテーマを扱うことへの責任を感じました」とオファー時の心境を明かしている。

【写真】井上真央が鈴木亮平らとともに声優に挑んだアニメ映画

 井上が演じる主人公の藍沢日向(あいざわ・ひなた)は、「親でもない、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人」として、学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに奔走してきたスクールカウンセラー。幼少期の過干渉な母親との関係に悩んできた経験を生かし、業務に邁進してきた矢先、気にかけていた不登校の男性生徒から突然の告白。しかし、その翌日に彼は不可解な死を遂げ、学校では犯人探しが始まるのと同時に彼の闇が浮かび上がっていく。

[PR]

 井上は、男子生徒の事件のみならず、ヒステリックな親からの抑圧、恋人とのトラブルなどさまざまな問題に直面する難役に挑むにあたり、「時代を象徴させるような学校の問題と、親子関係という普遍的なテーマを元に、同じような悩みを抱える方たちにそっと寄り添えるような作品にしていきたいです」と意気込みを語っている。

 脚本を「任侠ヘルパー」(2009)、「S -最後の警官-」(2014)、「ウロボロス ~この愛こそ、正義。」(2015)などの古家和尚、演出を「大貧乏」(2017)の土方政人小林義則が担当する。(編集部・石井百合子)

「明日の約束」は10月、カンテレ・フジテレビ系にて毎週火曜夜9時~9時54分放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]