闇の魔力を持つ祖父に目を奪われた少年…日本昔話風ハリウッドアニメ『KUBO』11月に日本公開へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
少年心にダイレクトアタックしてくる設定だ……『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』ポスタービジュアル - (C)2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.

 今年のアカデミー賞やゴールデン・グローブ賞のアニメ賞関連にノミネートされ注目を浴びた、古き日本をハリウッドが描いたアニメ映画『KUBO and the TWO STRINGS』の邦題が、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』に決定。今年11月18日より日本公開されることが発表された。

映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』予告編

 本作は、『ティム・バートンのコープス・ブライド』『コララインとボタンの魔女 3D』を手掛けたスタジオライカによるアニメ作品。予告編でも観られるように、日本特有の折り紙の質感から風に揺れる髪の毛など繊細な映像で展開する物語は、“1秒間の映像”だけでも人形や美術を1コマ1コマ動かして撮影された24枚の写真が使用されている。

[PR]

 主人公は、三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。彼の眼帯の理由は、幼い頃に闇の魔力を持つ祖父に狙われ、父を失い、そのときに片目も奪われてしまったため。最果ての地まで逃れてようやく母と安寧の時を過ごせるかと思いきや、クボはさらなる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。

 道中に出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得て、父母の仇を討つ旅を続ける少年・クボ。だが彼は自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る……。日本の寓話をベースに描かれた壮大な物語を作り上げた本作の監督は、黒澤明宮崎駿を敬愛する大の日本マニアで、次回作に『トランスフォーマー』シリーズ初のスピンオフ『バンブルビー(原題) / Bumblebee』も控えているトラヴィス・ナイト

 ポスタービジュアルでも、葛飾北斎にインスパイアを受けたというナイト監督のセンスが爆発しており、大波と月を背に主人公のクボが三味線を構えて立つという仕上がりとなっている。オリジナル版の声優陣には、シャーリーズ・セロンマシュー・マコノヒーレイフ・ファインズルーニー・マーラらが参加。また同作は、日本での劇場公開に先駆けて、第30回東京国際映画祭の特別招待作品として上映されることも決定している。(編集部・井本早紀)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]