乃木坂46・西野七瀬、なぎなたシーン“吹き替えなし”を自ら提案!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ななせまる(西野七瀬)、頑張りました!

 アイドルグループ・乃木坂46西野七瀬が28日、都内で行われた主演映画『あさひなぐ』の完成披露上映会に出席し、なぎなたシーンは吹き替え(スタントダブル)なしで挑んだことを明かした。この日は、桜井玲香松村沙友理白石麻衣伊藤万理華富田望生生田絵梨花英勉監督も来場した。

【写真】画像多め!『あさひなぐ』完成披露の様子

 こざき亜衣の人気コミックを実写化した本作は、なぎなたに打ち込む女子高校生の成長を、仲間たちとの絆やライバルとの対戦を交えながら瑞々しく描いた感動作。『ハンサム★スーツ』『ヒロイン失格』などの英監督がメガホンを取っている。

[PR]

 なぎなた部に入部した高校生・東島旭を演じた西野は上映前の舞台あいさつに登場し、「観終わった皆さんにどんな感想が浮かぶのか楽しみです」とニッコリ。「年明けから稽古をはじめて、足の皮もめくれそうになったり、なぎなたが重くて筋肉痛になったり大変でした」と語るなぎなたのシーンについては、「みんなで頑張ったので、かっこいいと言ってもらえると思います」と自信をのぞかせた。

 さらに、なぎなたシーンがほぼ吹き替えなしで行われたことが伝えられると、西野は「自分でやりたいと思い、意を決して監督のもとに言いに行ったんです」と自ら監督に提案したことを告白。しかし、英監督からは「そのつもりです」とあっさり返されたそうで、「あっ、あ~、よかったです……」と拍子抜けしたことを打ち明け、ファンの笑いを誘った。

作品の完成をお祝いした

 旭が憧れるなぎなた部のエース・宮路真春役を務めた白石は、「稽古初日になぎなたの先生から『真春ちゃんだけビシバシ厳しくいくからね』と言われて。ヤバイと心が折れそうになった」と吐露するが、「なぎなたは楽しいし、できてくると嬉しくて、全然苦ではなかったです」と充実した表情を見せた。

 同じなぎなた部の部員・文乃役の富田は、1人で乃木坂メンバーの中に入ることに不安があったものの、「ものすごく優しいんですよ。『おいで』という感じで、練習初日から不安は解けました」と嬉しそうに報告。また、「(最初は)アザができたらどうしようと怖くてスローモーションのように打ってきた皆さんが、(徐々に)防具をつけていても重みを感じるくらい思いっきり打ってくれて」と悪意なく告白。メンバーの容赦ない様子に会場からは笑いが漏れていたが、「なぎなたを通して距離が近くなったことは感じます」と感激に浸っている様子だった。(取材:錦怜那)

映画『あさひなぐ』は9月22日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]