シネマトゥデイ

吉沢亮、ビビってしまった“顔なめシーン”を語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
今日もイケメンです。 - 吉沢亮

 山口ミコト佐藤友生による人気コミックを実写化したシリーズの完結編『トモダチゲーム 劇場版FINAL』の初日舞台あいさつが2日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、吉沢亮内田理央山田裕貴大倉士門根本凪上野優華浦上晟周久保田悠来、メガホンを取った永江二朗監督が来場。「お気に入りのシーンは?」という質問に吉沢は、「マリアちゃん(水瀬マリア役の上野)の顔をなめるシーンがあるんですけど」と話し始め、永江監督とともに撮影のいきさつを話して会場を笑わせた。

【写真】楽しそうに話す吉沢亮

 そのシーンについて吉沢は、「ビビって監督に『本当になめますか?』って聞いたんです。そしたら監督も『じゃあ、やめときますか』ってなったんだけど、彼女(上野)はサラッと『あっそうですか。わかりました』って躊躇なく(どっちでもいいと)受け入れていて『あっ負けた』と思って」と述懐。「『監督、やっぱなめましょう。もうやるしかない!』って決めたんです。男のクセに何ビビってんだよって」と説明した。それに対して上野は「そんなことないです。申し訳ないと思っただけ」と反論したが、永江監督に「(上野が)『なんだ、なめないのか』って寂しそうだった」とイジられて一同爆笑となった。

[PR]

仲のよさを感じさせた本作のキャスト陣

 一方、少し天然な発言も魅力の内田は「お気に入りのシーン」について「私の顔が一瞬だけ、0.5秒くらいドンッとアップになるところがあって。これはサブリミナル効果かって怖くなりました」と回答。それに山田が「そんなわけないだろ」と突っ込む一幕もあった。

 また、内田は観客への一言として「今日やっと一番悪いヤツが誰かわかったと思います。今みなさんがどういう目でその人を見ているんだろうってドキドキしています」とコメント。登壇キャストのクスクス笑いを誘い、作品の内容とは裏腹に共演陣の仲の良さを感じさせる初日あいさつとなった。

 今作は累計100万部突破の原作をドラマ版に続いて実写化した劇場版シリーズの完結作。友情を試される高額の借金返済ゲームに参加させられた高校生グループが、危険なゲームを商売にしている運営サイドを潰すために最終ゲームに挑むさまが描かれる。(取材/岸田智)

『トモダチゲーム 劇場版FINAL』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]