永作博美、市原隼人の「超かわいかったッス」に照れ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
お肌ツルツル永作博美

 女優の永作博美が21日、飯田橋の神楽座で行われた「連続ドラマW 沈黙法廷」完成披露試写会に田中哲司市原隼人とともに来場、劇中で永作とのデートシーンがあった市原から「超かわいかったッス」と言われ、照れるひと幕があった。

【写真】超かわいいッス永作博美

 本ドラマは、警察小説シリーズなどで知られる直木賞作家・佐々木譲が手がけた小説の実写ドラマ化。老人の連続不審死の容疑者として身柄を拘束された家事代行業に従事する女性・山本美紀(永作)をめぐる複数の視点から、彼女の実像を浮かび上がらせる法廷ミステリーだ。接する人によって「心清らかな家政婦」と見る人もいれば、「老人の財産を狙う悪女」と見る人もいる美紀という複雑な役への挑戦を、「非常にうれしかったですね。大人の作品をやらせてもらえて」と永作は笑顔で振り返る。

[PR]

 オファーを受けてから原作小説を読んだという永作は「佐々木譲さんの作品は透明感というか誠実な感じがありました。佐々木さんが余計なことを書かない作家さんなので、この役ができるのかと不安になった記憶があります」とコメント。「セリフが少ない役なので、一言をしゃべるのが怖くて。目線ひとつをとっても意味が出てきてしまうので、こんなに怖いと思った役は久しぶりでした」と永作が感想を述べれば、田中も「タイトルの通り、法廷では永作さんがほとんどしゃべらないので、今回は自分がどこまでできるのか試練だと思っています」と続ける。さらに市原が「法廷のシーンは、上質な舞台を観ていると思うくらいに、間や目線の動きなんかが繊細に描かれているので、こんな先輩たちと共演できてよかったなと思いました」と語った。

市原隼人、永作、田中哲司

 市原が演じたのは、行方知れずとなった美紀を追い求めるまっすぐで不器用な工場作業員・高見沢弘志。「高見沢は山本美紀さんを追い求める役なんですが、現場で永作さんに会うのが素直にうれしかった。永作さんの屈託のない笑顔が大好きなので」と明かす市原は、「永作さんとクランクインした初めてのシーンがデートのシーンだったんですが、『こういうの恥ずかしいね』と言っていた永作さんが、超かわいかったッス。初日からもってかれました」と告白。永作も照れくさそうに「まわりがうっすらと笑っている感じだったんで、余計に恥ずかしかったですよね。市原さんのファンの方、すみません。かなり純愛が入っています」と笑っていた。(取材・文:壬生智裕)

「連続ドラマW 沈黙法廷」(毎週日曜夜10時)は9月24日より、WOWOWプライムにて放送(全5話・第1話無料放送)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]