新垣結衣、心折れないように…ナイーブな一面にファン魅了!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
そんなガッキーがかわいい!

 女優の新垣結衣が2日、都内で行われた映画『ミックス。』金メダルペアとミックス!試写会にサプライズ登場し、ナイーブな一面を明かしてはにかみ、ファンを魅了した。この日は、2017年世界卓球選手権の混合ダブルスで金メダルを獲得し、本作にもカメオ出演しているプロ卓球選手の石川佳純吉村真晴石川淳一監督、川口陽陽(劇中卓球指導)も来場した。

【画像】ニコニコ笑顔がかわいいガッキー&石川佳純

 ドラマ「リーガルハイ」などの人気脚本家・古沢良太がオリジナルで書き下ろした本作は、不器用でどこか欠点だらけの登場人物たちが、卓球の男女混合ダブルス(=ミックス)を通じて小さな奇跡を起こす、恋と人生の再生物語。

[PR]

 約1,100人の観客が集まった会場にサプライズ登壇し、絶叫にも似た大歓声を浴びる新垣は、笑顔で手を振りながらその声に応えると、「こういった形のイベントはなかなかないので緊張しています」と言いつつ、「楽しんでください」とあいさつ。

 そして、オファーを受けた時の心境を尋ねられると「どうなるかわからなかったです。卓球を題材にした作品はそんなに多くないですし、コメディーとラブストーリーがどういう風に組み合わさって、どういうことになるかが想像つかなかったです」と素直な思いを吐露。また天才卓球少女の多満子を演じるにあたり、「福原愛選手を参考にすると決まっていたので、(福原選手の)DVDを見たり動画検索をしたりしました」と役づくりを振り返った。

 そんな新垣が作り上げた多満子について、石川選手は「フォームがすごくきれいで、かっこいいと思いましたし、リーチが長く、どこのボールでも届くのがうらやましい」と絶賛。川口も「実業団選手のようなプレイでした」と褒めると、「僕らには練習しているところを見せないんですが、裏でめっちゃ努力しているのがわかるんですよね」としみじみと語っていた。すると新垣は、他のキャストと違って本番前にラリーなどをしなかったことに関して、「実際に球に触れて、イメージ通りにできなかったらショックじゃないですか。心が折れるから触らないようにしていたんです」とナイーブな一面をのぞかせ、照れ笑い。キュートな姿でファンをトリコにしていた。(取材:錦怜那)

映画『ミックス。』は10月21日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]