篠原涼子主演、広瀬すずがコギャルに!韓国大ヒット『サニー』大根仁が映画化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
すごい豪華キャスト! - (C)2018「SUNNY」製作委員会

 映画『モテキ』『バクマン。』などの大根仁監督が、日本でも異例のロングランヒットとなった韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』の日本版『SUNNY 強い気持ち・強い愛』を、篠原涼子主演&広瀬すずをその高校時代役に迎え、製作することが明らかになった。

大ヒット作!韓国『サニー 永遠の仲間たち』【写真】

 2011年に韓国で745万人動員という大ヒットを記録し、日本にも多くのファンを持つ韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』。大根監督が脚本も担当して、その舞台を日本に移し、1990年代の珠玉のJ-POPや流行のファッションを散りばめて再構築する。かつて青春を謳歌した女子高校生の仲良しグループ“SUNNY(サニー)”のメンバーは、約22年の時を経てそれぞれ問題を抱える大人になっていた。主人公・奈美(篠原)は久しぶりに再会した親友・芹香(真木よう子)が末期ガンに侵されていると知り、「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」という彼女の願いを叶えるため、奮闘する。

[PR]

 サニーのメンバー再集結のために動き出す平凡な専業主婦の主人公・奈美を演じる篠原は、ドラマ派生以外の映画主演は初めて。「脚本も大根監督ならではの演出が満載で原作のノスタルジックな雰囲気を残しつつ、日本版としてのアレンジが加わって、更にカッコ良くキラキラとした主人公達になっております。そんな主人公達を豪華な共演者の方々と一緒に作って行けるということで嬉しさと、楽しさと、心強さでいっぱいです」と意気込んだ。

 一方、奈美の高校時代を演じる広瀬は「篠原涼子さんの高校時代の役は、とても光栄なのですが……かなりプレッシャーが……大切に、大切に演じさせていただきます」と吐露しつつ、1990年代のコギャルファッションに挑戦することについて「私は1998年生まれなので、生まれた時代の女子高生を演じるのはわくわくします。いま、90年代の女子高生について猛勉強しています(笑)。ミニスカートやルーズソックスなどの90年代のコギャルファッションに挑戦するのも楽しみです」と心躍らせた。

サニーのメンバーたち!相関図 - (C)2018「SUNNY」製作委員会

 そのほか、“サニー”のメンバーには超豪華女優陣が集結しており、リーダーで闘病中の芹香役を真木、豊胸セレブ妻の裕子役を小池栄子、生活苦で風俗勤めの心役をともさかりえ、ポンコツ不動産営業の梅役を渡辺直美が務める。大根監督も「90年代後半、20世紀最後のどんちゃん騒ぎを象徴する存在である“コギャル”のことはいつか物語にしたいと思っていました。彼女たちがアラフォーになる今、機は熟したのかなと。そして女優だらけの映画を熱望していた僕にとっても『SUNNY』は最良の題材。ベスト&ゴージャスなキャスティングに武者震いしていますが、恋しさと切なさと心強さに溢れた、最高に楽しいパーティームービーを目指します!」とコメントを寄せた。

[PR]

 夢と刺激で溢れていた高校時代と、かつての輝きを失った現在の二つの時代が交差して紡がれる本作。『モテキ』の長澤まさみや、『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』の水原希子など、女優たちの魅力を引き出す名手としても知られる大根監督のもとで、豪華女優陣がどのような競演を見せるのかにも期待が高まる。企画・プロデュースは、『モテキ』『バクマン。』に続き、大根監督と3度目のタッグとなる川村元気。2018年公開。(編集部・石神恵美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]