古代進&森雪は「稀有な2人」声優・桑島法子が語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
声優・桑島法子

 不朽のSFアニメ「宇宙戦艦ヤマト」の完全新作シリーズ第3弾『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第三章 純愛篇』の初日舞台あいさつが14日に都内で行われ、森雪の声を担当している桑島法子宮川彬良(音楽)、羽原信義監督、シリーズ構成の福井晴敏が、この日のイベントの進行も務めた声優・中村繪里子(桐生美影役)とともに登壇。「強い愛」がテーマとなっている本作について、桑島は「古代進と森雪はその辺にいるようなカップルじゃない。もう稀有な2人なんだということがわかりました。こんな愛、憧れますね」と会場に呼びかけた。

古代進&森雪!『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第三章 純愛篇』の場面写真

 本作は1974年からテレビ放送された傑作アニメの最新シリーズ。1978年に公開されて人々を熱狂させたアニメ映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』の壮大なストーリーをモチーフに、ヤマトのクルーたちの新たな旅立ちを新解釈で描き出すアニメーション。全七章の中の第三章にあたる。

[PR]

 桑島は冒頭のあいさつで「私(森雪)は第二章の頭の方でいなくなりまして不安な日々を送っていたんですが、『第三章で一つの山場がくるよ』と福井さんからうかがっていた」と明かしつつ、「突然こんな展開になるの? 第三章でこんなことをやってしまうんだとびっくりして……。でも『ヤマト』って突然こんなっていうのが多いんですよ」とコメント。「みなさんどうでしたか?」と会場に問いかけ、大きな拍手を受けた。

初日舞台あいさつに豪華なメンバーが参加した

 一方の福井はシリーズ全体を見据えて「本作は男性と女性で感想がまったく違う印象があって、ご夫婦やカップルで観て話し合っていただくのもいいかなと。でもあまり深く話しすぎると亀裂が入っちゃうかも」と話しつつ、「観た人の人生に問いかけるような作品にこれからもなっていくと思います」とさらなる意欲をみせていた。

 この日は次作の『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第四章 天命篇』が2018年1月27日より劇場公開、および特別限定版Blu-ray先行販売&デジタルセル版配信スタートとなることも発表された。(取材/岸田智)

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第三章 純愛篇』は新宿ピカデリーほかにて期間限定劇場上映

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]