新垣結衣、瑛太の独特すぎる恋のアドバイスに警告

ガッキー、瑛太の独特すぎるアドバイスに笑い止まらず

 女優の新垣結衣と俳優の瑛太が18日、都内で行われた「映画『ミックス。』恋のミックス。大集合イベント」に登場。集まった男子校&女子高に通う現役高校生100人を前に恋のアドバイスを送る瑛太だが、そのどれもが独特過ぎて、新垣は実践しないよう警告した。この日は、主題歌を担当する3ピースロックバンド・SHISHAMOも来場し、ミニライブで会場を盛り上げた。

ガッキー、告白の練習台に!【他写真】

 本作は、ドラマ「リーガルハイ」などの人気脚本家・古沢良太が書き下ろしたロマンティックコメディ。恋に破れ、仕事も失った元天才卓球少女の多満子(新垣)が、亡き母が経営していたクラブの再建と元カレを見返すために、元プロボクサーで妻と娘に見捨てられた萩原(瑛太)ら不器用で欠点だらけの仲間たちと男女混合ダブルス(=ミックス)で全日本卓球選手権出場を目指す姿を描く。

[PR]

 多満子と萩原の恋の行方も気になる本作とあり、学生時代の恋愛事情を尋ねられた新垣は、「中学は男女関係なく友達という感じだったけど、高校の時は女子高だったので、そもそも(男性と)接する機会がなかった」と回顧すると、「今、キュンとする時間を過ごしているんですよね。いいなぁ」と羨ましそうに学生たちを見つめた。一方の瑛太も男子校だったそうで、「登下校の時に電車の中で遭遇する女子高生を眺めていたくらいですね」と危なげなエピソードを紹介。「ルーズソックスと紺色のソックスのどっちが好きかは毎日気分で変わっていました」と懐かしみ、会場の笑いを誘った。

 そんな独特の感性を持つ瑛太とあって、恋のアドバイスもかなりの変化球。男子高生から「女の人と上手く話せない」と悩みを打ち明けられると、「僕も男三人兄弟で、女の人と上手く会話ができない中で高校に入ったから」と実体験を踏まえながら「喋んなくていいですよ」と返答。さらに、「女子高の前で倒れておくのは? 絶対に声かけられるよ。大丈夫ですか? って」と提案すると、新垣は笑いが止まらず、ついには涙を拭う仕草も。その後も瑛太は「喋れないならその子を見て、目が合った瞬間に(視線を)外す」「好きな子が携帯(電話)をいじっていたら真正面に立って『何してるの?』って聞く」などと発案し、会場をざわつかせた。

 すると新垣は「(シャイな男性は)悪いようには全然映らない」と肯定的な意見で男子高生を安心させると、「むしろ学校の前で倒れられている方が、何だこの人はって(なると思う)。近づいちゃいけないなとスルーしちゃうかもしれない」と真似しないことを勧めていた。(取材:錦怜那)

映画『ミックス。』は10月21日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]