橋本環奈「鼻毛ない」アイドル発言に監督あきれ顔!

かわいすぎる橋本環奈
かわいすぎる橋本環奈

 女優の橋本環奈が21日、都内で行われた『斉木楠雄のΨ難』の初日舞台あいさつに出席し、映画『銀魂』では鼻をほじるなど、アイドルらしからぬ演技が話題となったが、この日は、それを同二作でメガホンを取った福田雄一監督にいじられまくる一幕があった。

【他写真】山崎賢人にみんな大爆笑!

 「週刊少年ジャンプ」で連載され、独特な世界観が支持されている麻生周一の人気ギャグ漫画を実写映画化。生まれながらに最強の超能力を持ってしまったばかりに、日々災難に巻き込まれてしまう16歳の高校生・斉木楠雄の学園生活を描く本作。舞台あいさつには、橋本と福田監督のほか、主演の山崎賢人をはじめ、新井浩文吉沢亮笠原秀幸賀来賢人ムロツヨシも登壇した。

[PR]

 橋本は本作でも腹黒美少女ヒロインとして、はっちゃけた演技を披露している。福田監督からは「コメディエンヌを超えたものがあった。“橋本環奈ショー”だった」と絶賛されるも、劇中、口の中のアップを見せるシーンがあったといい、当の本人である橋本は「大丈夫でしたか?」と不安げ。これに福田監督が「CGで消すところは消した」とニヤニヤしながら回答すると、橋本は「そんなこと言ったら何かあるみたいじゃない」と悲鳴をあげた。

 『銀魂』では鼻をほじった演技や鼻の穴がネットニュースで取り上げられたが、「またニュースに書かれる。口の中とか鼻の中とか。ちょっと見えただけで……何もないって」と話す橋本だったが、「橋本は鼻毛ないの?」と福田監督がまくし立てると、「ないです」と困り顔。福田監督はこれに「ニュースで読んだけど、鼻の穴をほじるシーンで『初めて鼻毛があることに気付きました』とかバカみたいなこと言っていただろう。どこまでアイドル発言なんだ」と呆れ顔で応えていた。その後も、福田監督と橋本は夫婦漫才のような掛け合いで会場の笑いを誘っていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『斉木楠雄のΨ難』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]