“アメコミ界の生きる伝説”スタン・リー、東京コミコンで再び来日へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
再びの来日が決定!! - アメコミ界の巨匠スタン・リー

 『スパイダーマン』『アイアンマン』などのマーベル作品の生みの親として知られるスタン・リー(94)が、12月に開催される東京コミックコンベンション(以下、東京コミコン)のため、再び来日を果たすことが明らかになった。当日は写真撮影会やサイン会も予定しているという。

【画像】昨年はスタン・リーと人気若手・竹内涼真が対面!!

 マーベルの名誉会長を務め、『キャプテン・アメリカ』『X-MEN』等数々の人気キャラクターを生み出してきたアメコミ界の伝説(レジェンド)としても名高いスタンは、昨年の第1回東京コミコンにも名誉親善大使として来日。というのも東京コミコンが、スタンと出会い「シリコンバレー・コミコン」を立ち上げたApple 共同創業者の一人、スティーブ・ウォズニアックの提唱によりスタートしたという由縁があるためである。

[PR]

 そんな盟友が起こしたイベント、東京コミコンの名誉親善大使に就任しているスタンは、なんと今年も12月1日~3日までの期間中全ての日程で会場に現れるとのこと。昨年に引き続き、大いに会場を沸かせることが期待される。撮影会・サイン会チケットは「チケットぴあ」および東京コミコンの海外向けサイトで販売予定。(編集部・井本早紀)

東京コミックコンベンション 2017は12月1日~12月3日まで幕張メッセ ホール9-11で開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]