殺人鬼一家カルト作『マーダー・ライド・ショー』に新作!ロブ・ゾンビが監督

一生トラウマ級のバイオレンスホラー映画…『デビルズ・リジェクト~マーダー・ライド・ショー2~』より
一生トラウマ級のバイオレンスホラー映画…『デビルズ・リジェクト~マーダー・ライド・ショー2~』より - Lions Gate Films / Photofest

 ヘヴィ・ロック界の異能アーティストであるロブ・ゾンビが、自ら手掛けたバイオレンスホラー映画『デビルズ・リジェクト~マーダー・ライド・ショー2~』(2006)の新作を製作するようだ。Bloody Disgusting が報じている。

【写真】全てはここから…『マーダー・ライド・ショー』

 『デビルズ・リジェクト~マーダー・ライド・ショー2~』は、ロブ初の長編監督作品『マーダー・ライド・ショー』(2003)の続編で、ゲームのように楽しみながら殺人を繰り返す殺人鬼一家の、その後の逃避行エピソードを描いた。全編をヘヴィ・ロックで彩りながら過激で残虐なシーンをリピートする、大胆不敵な演出でカルト的人気を誇っている。

 同サイトによると、ロブが企画している新作のストーリーの詳細は明らかになっていないものの、前作のエンディングを考慮すると、スピンオフ作品か、前日譚になるのではないかとのこと。撮影の開始時期についても未定だという。果たして、今度はどんな恐怖と暴力を描き出すのか。(編集部・石神恵美子)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]