生田斗真、広瀬すずに「天使」とほれぼれ

天使!(広瀬すず)
天使!(広瀬すず)

 俳優の生田斗真が8日、新宿ピカデリーで行われた映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』大ヒット御礼舞台あいさつに来場、広瀬すずに花冠をプレゼントし「天使だね」とほれぼれとした顔を見せた。

【写真】天使だな~イベントの様子

 『高校デビュー』『俺物語!!』などの原作者としても知られる河原和音の人気コミックを、三木孝浩監督がメガホンを取って実写化した作品。一見無愛想だが生徒思いな教師・伊藤貢作(生田)と、彼に初めての恋をする女子高生・島田響(広瀬)との不器用な恋愛模様を描き出す。

[PR]

 イベント会場はファンが駆けつけて超満員。観客の半数以上がリピーターで、中にはすでに5回以上観たという人も。これには生田も「皆さん(俳優の)野間口徹ファンですか? 三木さんの映画を観ていると必ず出てきますからね!」と笑いつつも、「本当に泣けましたとか、たくさん泣きましたという声がたくさん届いているので、頑張って良かったなと。同年代の友人も観てくれて。男でもグッとくるところがあるようですよ」と晴れやかな表情を見せた。

 一方の広瀬も「わたしも泣いちゃったという声をよく聞きました」と報告を入れつつ、「高校時代の友だちは全員、伊藤先生に恋をしていました。LINEのグループトークでみんなが『あんな先生いたらいいよね』と。不愛想だけど、そのカッコよさ、クールさに惹かれていましたね」と称賛。それを聞いた生田は「いい気分しかしないです。ずっと聞いていられる。ありがたいです」とニンマリして会場を沸かせた。

 さらに本作の見どころについて聞かれた生田は「これはあまり言っていないんですが、生田の“前腕筋”に注目らしいですよ。(撮影現場でシャツの袖を)『もうひとまくりお願いします』と言われて、それに従っていたんです」と解説。三木監督は「伊藤先生でいうと、響と目を合わせるところと合わせないところがあるんで。感情を言葉にできない分、目線で伊藤先生の感情が伝わります」と続けた。これには広瀬も「そう! そこで傷ついていました」と共感している様子だった。

 また、この日は感謝の気持ちを込めて生田が広瀬に花冠をプレゼント。「保育園以来かも」と照れくさそうな広瀬だったが、生田は「天使だね。今日は完全に天使だね」とベタぼめ。そして帰り際、生田、広瀬たちが観客に感謝の思いを込めたガーベラを配り、会場は大歓声に包まれていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]