大泉洋、前田敦子からの芸人扱いに必死の抵抗

前田敦子に抵抗した大泉洋
前田敦子に抵抗した大泉洋

 俳優の大泉洋が22日、都内で行われた映画『探偵はBARにいる3』公開記念イベント「大泉洋映画祭」に登壇し、前田敦子からの芸人扱いに必死で抵抗し、会場の笑いをさらった。

【写真】大泉洋、ガッツポーズ!

 本映画祭は、大泉が主演した珠玉の7作品を上映するもので、この日は「最優秀主演男優賞」の授賞式も執り行われた。大歓声に迎えられて登場した大泉は「うれしいですね」と感無量の様子。勝手に「世界4大映画祭の一つ、大泉洋“国際”映画祭」と言い換えると、「栄えある映画祭に呼んでいただき、日本を代表する女優さんにもお越しいただき、華々しく開幕したなという気持ちでいっぱいです」などと、もっともらしいことを言ってファンを笑わせた。

[PR]

 そんな大泉とファンの様子をにこやかに見ていた前田は「わたし、大泉さんのファンの皆さんと大泉さんの絡みを見るのが好きなんです」と告白すると、客として見に行ったという「ファンクラブのイベント」も楽しかったことを伝えた。

 しかし大泉は「絡みっていうのは止めてください! コントじゃないんだから」と訴えると、「ファンといい感じの意思疎通ができている」という前田の言葉にも反応し、「意志疎通というか、ファンですからね。練習しているわけでも、お金を払ってやってもらってるわけでもないから」と強めにアピール。

画像テキスト
楽しそうな大泉と前田

 さらに、前田の言うファンクラブのイベントは「大泉ワンマンショー」という通常のイベントであることを説明すると、「一般の方にも広く門戸を開いてますよ。ただ、ファンでチケットがなくなるから(一般の人は)誰も来ませんよ」とぶっちゃけて、会場の笑いを誘っていた。

 本作は、アジア最北の歓楽街、札幌のススキノを舞台に探偵コンビの活躍を描いた人気映画シリーズの第3弾。後輩の恋人・麗子(前田)の失踪調査に乗り出したことがきっかけで、裏社会で暗躍する北城グループの殺人事件、巨額の薬物取引に巻き込まれる探偵(大泉)と相棒・高田(松田龍平)。やがて、これらの事件に関わる謎多き美女・マリ(北川景子)から託された依頼により、探偵コンビが最後の事件に挑むさまを描く。(取材:錦怜那)

『探偵はBARにいる3』は12月1日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]