『シン・ゴジラ』樋口真嗣監督、最新作はテレビアニメーション『ひそねとまそたん』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
最新作への思いを明かした樋口真嗣監督

 映画『シン・ゴジラ』で第40回日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀監督賞を受賞した樋口真嗣監督が3日、幕張メッセで開催中の「東京コミコン2017」に登壇し、最新作がオリジナルのテレビアニメーション「ひそねとまそたん」であることを発表した。

『シン・ゴジラ』樋口真嗣監督、最新作はテレビアニメーション 画像ギャラリー

 これまで、数々の実写映画としての話題作を発表してきた樋口監督とあって、可愛らしい手書きイラストのティザービジュアルが公開されると、会場は一瞬ざわつき、樋口監督も「どうでしょう。この困った空気」と自嘲気味にコメント。その中で、青木俊直(キャラクター原案)、コヤマシゲト(モンスターコンセプトデザイン)、南雅彦(株式会社ボンズ 代表取締役)も交え、本作誕生秘話を紹介した。

[PR]

 樋口監督は「去年、『シン・ゴジラ』をみんなで作って、映画の可能性を自分の中で突き詰めてしまった部分があります。このままいくと、次は縮小再生産になる恐れがあった」と告白すると、「新しい自分の中の可能性や作品としての可能性を考えたときに、一番やりたいことがアニメーションという表現形態だった」と続けた。

 さらに、企画を固める前に書いたものとして、ドラゴンが武装したような絵を披露すると、「(当時)コスプレというものにものすごい興味を持ちだした」と回顧。そもそも、映画『日本沈没』撮影時に、成田空港で1日中、飛行機の離発着を撮影していた飛行機マニアの人たちを見た時に、「この中の一機に尻尾が生えていたらこの人たちはどう撮るんだろうと思ったのがきっかけ」と話すと、そこから「“ドラゴンが戦闘機のコスプレをして空を飛ぶ”というのが頭の中にカチカチと思い浮かんだ」と振り返った。

 本作は手書きアニメーションで紡ぐ、航空自衛隊が管理する戦闘機に擬態する「OTF(変態飛翔生体)」であるドラゴン“まそたん”と新人搭乗員の少女“ひそね”の斬新かつハートフルなお仕事ストーリー。脚本は人気アニメーション「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の岡田麿里が務める。また、声を収録してからアニメーションをつけるプレスコという手法をとっており、3話までは声の収録が終わっているという。

 樋口監督は「質感とか肌触りは今までのアニメーションとは違うものになるかもしれないけど、それが魅力的になっていると思っています」とアピールした。(取材:錦怜那)

テレビアニメーション「ひそねとまそたん」は2018年テレビ放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]