シネマトゥデイ

中井貴一、坂田師匠の「結婚したい」を全面バックアップ!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
座長らしい一面を見せた中井貴一

 俳優の中井貴一が17日、イイノホールで行われた映画『嘘八百』完成披露試写会に、佐々木蔵之介友近森川葵前野朋哉堀内敬子坂田利夫木下ほうか塚地武雅芦屋小雁近藤正臣武正晴監督と登壇。芸達者なメンバーが多数そろった舞台あいさつに中井は「これは正解なんですかね。やっぱり舞台あいさつは5人までだね」と苦笑いを浮かべるも、あいさつ中に「結婚したい」と連発していた坂田や木下に対して「もしこの二人と結婚しても良いという方がいましたら、受付にお申し付けください」と座長らしい(!?)一面を見せていた。

中井貴一、坂田師匠の「結婚したい」を全面バックアップ!? 画像ギャラリー

 本作は、『百円の恋』の武正晴監督が、中井貴一、佐々木蔵之介をダブル主演に迎え、「幻の利休の茶器」を巡る騙し合いを描いたオリジナルコメディ。空振りばかりの古物商・小池を中井が、落ちぶれた陶芸家・野田を佐々木が演じる。

[PR]

 最初のあいさつから、それぞれ個性的なトークを展開する面々。映画の舞台あいさつに登場することがまれな坂田は「こういう機会は今後一生ないと思いますが、今日の目的は結婚相手を見つけに来ました。大阪ではおらへんので、東京で見つけないと。何でも言うてください、何でも買いまっせ」といきなり婚活宣言。すると、木下も「僕も結婚したいです。53歳なのですが、一度もしたことがないので……」と追随して客席を盛り上げる。

 すると塚地も「金曜日に財布を落としてしまって……。青の長財布なのですが、広尾あたりで落としたと思うんです。今日は映画の話しというよりは、財布を捜してもらおうと思ってきたので……」と発言するなど、私情だらけのトークに、中井は「やっぱり舞台あいさつは5人までだな」と呆れ顔。

 そんな中井だったが、森川から「今年のあたまにこの映画の撮影をしていたのですが、そのとき、わたしの中では大勝負だと思う作品のオーディションがあったんです。貴一さんにも相談していたのですが、結局落ちてしまいました。そのとき、貴一さんが『ダメで良かった。それに落ちたことで、他の仕事に出会うチャンスができたんだよ』と言っていただき、気持ちを切り替えたんです。その言葉どおり、今年はとても素敵な仕事に出会えました。貴一さんのおかげです」と感謝を述べられると「負けて勝つということもあるからね」としみじみ語る。

 緩急自在でハチャメチャな舞台あいさつだったが、佐々木は「こんなめちゃくちゃ感じですが、現場では真剣にやっていました。『嘘八百』という名前なので、嘘をついてでも『面白い映画』だとみんなに宣伝してください」と締めて会場を盛り上げていた。(磯部正和)

映画『嘘八百』は1月5日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]