松坂桃李、矢田亜希子の腕をベロリと舐め上げる!『不能犯』衝撃画像

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
腕をベロリ - 映画『不能犯』より
腕をベロリ - 映画『不能犯』より - (C) 宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会

 実写映画版『不能犯』から、主演の松坂桃李矢田亜希子の腕をベロリと舐め上げる衝撃的な画像が公開された。

【場面写真】矢田亜希子の唇を押さえつけ、アゴクイも

 本作は「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画を原作に、何度も変死事件現場で目撃されながらも、誰もその犯行を立証できない殺し屋・宇相吹正(うそぶきただし)が暗躍する姿を活写したスリラー・エンターテインメント。電話ボックスに殺人依頼の紙を貼ると、宇相吹がターゲットを必ず死に追いやるが、その死因は病死、自殺、事故であり……。

[PR]

 今回公開された画像は、頻発する変死事件の容疑者として、警察がようやく宇相吹(松坂)の身柄を確保し、ベテラン刑事の夜目(矢田)が任意で取り調べるシーンのもの。宇相吹が夜目の手首を見て「あー……噛まれましたね……」と呟いた次の瞬間、彼女の手首をベロリと舐め上げるという、ぎょっとするのと同時に、えも言われぬ宇相吹の魅力に思わずゾクリとしてしまう場面となっている。

 メガホンを取った白石晃士監督(『戦慄怪奇ファイル』シリーズ)も「松坂さんは実際はとても好青年なので、今回はカッコ良くセクシーで、でも怖いキャラクターでいて欲しいとお願いしました。結果彼の持っている優しさと、私の思っていた宇相吹の邪悪さがいい感じに中和していると思います」と満足げ。原作の宇相吹のビジュアルを徹底的に作り込み、宇相吹のトレードマーク(?)である「ニタァ」という不気味な笑い方を研究するなど、役づくりに余年のなかったという松坂の怪演に期待したい。(編集部・市川遥)

映画『不能犯』は2月1日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]