ハリウッド映画版「銃夢」日本上陸は夏!キャメロン×ロドリゲスがタッグ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
日本の漫画がまたもハリウッドで実写化! 『アリタ:バトル・エンジェル』より - (C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

 映画『アバター』(2009)『タイタニック』(1997)のジェームズ・キャメロンがプロデュースを手掛け、日本の人気漫画「銃夢」を実写化した『アリタ:バトル・エンジェル』が、今年の夏に日本公開されることが決定し、日本版予告編と特別映像が公開された。

これがハリウッド版「銃夢」!『アリタ:バトル・エンジェル』予告編

 本作の舞台は数百年先の未来。クズ鉄だらけの「アイアン・シティ」に打ち捨てられたサイボーグの少女アリタは、サイバー・ドクターのイドによって救出される。全ての記憶を失ったアリタだが、ある時自分が持つ並外れた戦闘能力に気付き、自らの出生の秘密を見つけようと決意する。

[PR]

 原作は、漫画家・木城ゆきとが、1990年代に「ビジネスジャンプ」(集英社)で連載したSFバトルアクション。キャメロンは15年以上にわたってこの作品の実写化を企画していたが、『アバター』続編の製作にかかりきりになることから、『シン・シティ』『スパイキッズ』のロバート・ロドリゲス監督にメガホンをたくした。

 予告編は、主人公アリタが目覚めるシーンから始まる。漫画文化へのリスペクトから、原作に忠実な姿で描写された、彼女の大きな瞳にも注目。キャメロンがプロデュースした美しい未来描写、ロドリゲス監督らしい爽快感あふれるアクションへの期待が高まる仕上がりになっている。特別映像でキャメロンは、ロドリゲス監督の演出に「僕の脚本を生かしつつ彼自身の作品にした」と太鼓判を押している。

 アリタを演じるのは『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』のローサ・サラザール。イド役は『イングロリアス・バスターズ』のクリストフ・ヴァルツ、そのほか『ムーンライト』のマハーシャラ・アリ、『ビューティフル・マインド』のジェニファー・コネリー、『デッドプール』のエド・スクラインなど、実力派キャストが出演する。(編集部・入倉功一)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]