シネマトゥデイ

吉岡里帆、ムロツヨシに「運命を感じる」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
人生の岐路にはムロツヨシさんがいたんです! - 吉岡里帆

 女優の吉岡里帆が13日、都内で行われたTBS系新ドラマ「きみが心に棲みついた」(1月16日夜10時スタート)の制作発表会見に、共演の桐谷健太向井理石橋杏奈中村アンムロツヨシ鈴木紗理奈瀬戸朝香とともに出席。本作が連続ドラマ初主演の吉岡は「ムロさんとの縁って、すごく不思議で。わたしの(女優業の)分岐点には、必ずムロさんが立っているんです」とムロとの意外なエピソードを明かした。

【画像】吉岡里帆のケーキを囲むさわやかメンズとムロツヨシ

 女性向けマンガ雑誌「FEEL YOUNG」で連載中の天堂きりんのコミックが原作の本ドラマ。自己評価が極めて低いため、他人の前で挙動不審になってしまう吉岡ふんするヒロインの今日子(通称:キョドコ)が、2人の対照的な魅力を持つ男性(桐谷、向井)の間で揺れ動くさまを描く三角関係ラブストーリー。

[PR]

 吉岡は「(共演の)みなさんに本当に、あたたたたー、あれ? あたたかく囲まれながら、幸せな撮影を過ごさせていただいています」と舌が追いつかないほど、気合い十分に現場の雰囲気を報告。「言いたいことをまとめてから、話しなさいよ」とツッコミを入れたムロに対して、「わたしが初めてヒロインになった映画(『明烏 あけがらす』)もムロさんと一緒でしたし、今回もそうですし、わたしの分岐点には、いつもムロさんが立っているんです」と感慨深げ。

 さらに吉岡は、映画『幕が上がる』でムロと共演した際のエピソードとして「わたしにはセリフが一つで、どうやって自分の個性を出せばいいかわからず、ムロさんに相談したんです」と明かし、「そうしたら『現場でやれることはもっとたくさんあるはず、もっと考えてみて』とムロさんにアドバイスされて、そこからわたしスイッチが入って、がむしゃらにやるようになった。とっても感謝しているし、むちゃくちゃ運命を感じています」と熱っぽく述懐。「今回も、のびのびお芝居ができるよう、全力でサポートするって言ってくれて、涙が出るくらいうれしかった」と語っていた。

 一方のムロは、「僕が、物語の鍵を握っているらしいんだけど、どんな鍵を握っているんだろう?」「恋愛ドラマということで、恋愛する気マンマンで参加したんだけど、これだけ女性がいて、誰とも恋愛しないで終わりそう。なんとか無理してでも、恋愛したい」と共演陣を笑わせていた。

 会見の最後には、15日に25歳の誕生日を迎える吉岡を祝福するため、サプライズのバースデイケーキが登場。「こんなにたくさんの皆さんに祝っていただいて」と感激の表情を見せた吉岡は、「(本作で)日本中の人たちの心を揺さぶっていきたいと思います」と力強く宣言していた。(取材/岸田智)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]