星野源の新曲「ドラえもん」公開!絶妙にマッチした劇場版新予告!

星野源が主題歌担当! 『映画ドラえもん のび太の宝島』より
星野源が主題歌担当! 『映画ドラえもん のび太の宝島』より - (C) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018

 国民的アニメの劇場版最新作『映画ドラえもん のび太の宝島』(3月3日公開)から、人気歌手の星野源が担当した主題歌「ドラえもん」を全編に使用した、新予告編が公開された。

『映画ドラえもん のび太の宝島』予告編

 大ファンだという星野が、ズバリ「ドラえもん」をタイトルに採用した楽曲は、一大ブームとなったTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌「恋」を彷彿させるダンサブルなナンバー。のび太たちの冒険を90秒にわたってつづる予告編は、楽曲の詞、メロディーがストーリーと絶妙にマッチしており、一本の短編アニメーションと言っても過言ではない映像に仕上がっている。

[PR]

 本作で星野は、主題歌と挿入歌の2曲を担当。挿入歌の「ここにいないあなたへ」は、主題歌の「ドラえもん」とは対照的に、心温まるメロディーで構成されたバラードとなっており、特報映像に使用されている。

 劇場版シリーズ38作目となる『映画ドラえもん のび太の宝島』では、ドラえもんのひみつ道具“宝探し地図”が示した宝島をめぐる大冒険が展開。突如現れた海賊船にしずかをさらわれてしまったドラえもん一行は、海で出会った少年フロックとオウム型ロボットのクイズと共に、しずか救出のため奮闘するうちに、宝島に眠る財宝に隠された秘密へと迫っていく。

 監督はテレビアニメ版の演出を数多く担当してきた 今井一暁。脚本は『バケモノの子』『君の名は。』などのプロデューサーで作家の川村元気が担当。ドラえもん役の水田わさび、のび太役の大原めぐみなどおなじみの声優陣に加え、 大泉洋がゲスト参加する。(編集部・入倉功一)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]