シネマトゥデイ

テロ事件を再現!イーストウッドが起用した素人たちが思いを語る特別映像

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画を撮影中のスペンサー・ ストーン(写真左)、アンソニー・サドラー(中央)、クリント・イーストウッド監督 - (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT INC.

 実際に起こった無差別テロ事件を映画化した、クリント・イーストウッド監督最新作『15時17分、パリ行き』から、事件を解決に導き、素人でありながらハリウッド映画の主演に抜てきされた、3人の若者たちが思いを語る動画が公開された。

【動画】イーストウッドが起用した一般人たち

 2015年8月21日、554人を乗せたアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスで、イスラム過激派の男が自動小銃による無差別テロを企てた。銃を携える犯人に立ち向かったのは、旅行のため偶然乗り合わせていたアメリカ空軍兵スペンサー・ストーンとオレゴン州兵アレク・スカラトス、大学生アンソニー・サドラー(当時)ら、三人の若者たち。本作は、幼なじみとして3人が、どんな人生を歩んであの日を迎えたのかを、全く無名の本人たちを主演に迎えて映画化する。

[PR]

常に新しい試みにトライするクリント・イーストウッド監督

 実話とはいえ、素人の本人たちを主演にキャスティングするのは前代未聞の試み。映像内で「意識して英雄をとり上げてはいないが、普通の人々による偉業は興味深いものだ」と語るイーストウッド監督は、当初、プロの俳優を起用するつもりだったというが、「実際の体験者に演じてもらうことが面白い試みだと思った」とほほ笑む。また監督は、事件が実際に起きた場所を使用し、乗客も当事者を多数起用して当時の状況を再現。「事件当時の再現でカタルシスも得られた」と振り返る。

 このセットでの撮影にアンソニーは「あんなすごい体験をやり直すなんて」と信じられない様子。スペンサーも、「信じられなかった。イーストウッド映画で自分自身を演じるなんて。僕の人生を!」と驚きを隠さない。だが同時に、アレクは「英雄なんて呼ばれると、びっくりしてしまう」と普通の人ゆえのとまどいをのぞかせる。「僕らは生きているだけで感謝している」という彼らは、どうして命を投げうつように、脅威に立ち向かうことができたのか? 名匠によって、その理由が明かされる。(編集部・入倉功一)

映画『15時17分、パリ行き』は3月1日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]