岩田剛典、斎藤工に「ゾッとした」魅惑の悪を絶賛

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
主演映画『去年の冬、きみと別れ』で斎藤工との共演エピソードを明かす岩田剛典

 岩田剛典(EXILE /三代目 J Soul Brothers)が25日、新宿ピカデリーで行われた映画『去年の冬、きみと別れ』完成披露試写会舞台あいさつに、山本美月瀧本智行監督、原作者の中村文則とともに登壇した。ハードな描写が多く、闇を抱える役に挑んだ岩田は、瀧本監督から大事なシーンの前に「今日は当然寝ないよね」とプレッシャーをかけられたことを明かすと、撮影中の心境を「暗く深いトンネルを走っているような感覚でした」と振り返った。

【写真】美しい岩ちゃん…主演作完成披露へ

 本作は、『悪と仮面のルール』など映像化が相次ぐ芥川賞作家・中村文則の同名小説を、『イキガミ』『脳男』などの瀧本智行監督が映画化。新進気鋭のルポライター・耶雲恭介(岩田)が、盲目の美女が巻き込まれた謎の殺人事件の真相を追うことにより、驚愕の事実が判明し、さらなる悲劇が襲い掛かるさまを描いた重厚なサスペンスだ。

[PR]

 爽やかで屈託のない笑顔で多くのファンを魅了してきた岩田だが、本作では常に追い詰められたような表情を浮かべる青年を演じた。「瀧本監督が夢に出てくるぐらい作品に没頭していました」「それだけ作品のパワーがすごく、撮影中は役柄が自分にとりついていた」とこれまで体験したことのない時間を過ごしたことを明かす。

 耶雲の婚約者・百合子を演じた山本も「とにかく瀧本監督の演出が細かくて、自分で考えてお芝居をしても、たくさん指示がありました。正直途中、嫌になってしまうぐらい大変でした」と壮絶な撮影を振り返っていたが「あるシーンで監督から『すごくよかったよ』といわれたのがうれしかった」と最後は笑顔に。

 そんな二人に瀧本監督は「いろいろな顔を演じなければいけない、すごく難しい役。そのときの感情に嘘があってはいけないけれど、相手を騙す必要もある。2人にはいろいろなことを要求しましたが、そのニュアンスをうまく表現した芝居は見事でした」と称賛すると、耶雲と対峙する天才カメラマン・木原坂を演じた斎藤工に対しても「観終わったあと、愛せるような新たな悪役像を表現してくれた」と感謝を述べていた。

 劇中、斎藤と真っ向から対峙した岩田は「迫力満点で、目の奥の闇にはゾッとしました。斎藤さんが木原坂でいてくれたおかげで、役柄にすんなり入ることができました」と、その存在感に脱帽すると「観た方すべてが騙される予測不能のサスペンスです。スクリーンのなかで起こることに一瞬たりとも目を離さないでください」と作品をアピールした。(磯部正和)

映画『去年の冬、きみと別れ』は3月10日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]