木村拓哉がお姫様抱っこ!本人のアイデアで実現

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大塚寧々、第2話でボディーガードの島崎(木村拓哉)に護られる裁判官の妻に - (C)テレビ朝日

 25日に放送される木村拓哉主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系・毎週木曜夜9時~)第2話で、木村演じる民間ボディーガードの島崎が“お姫様抱っこ”を披露するという。女優の大塚寧々が裁判官の妻にふんし、島崎がその警護にあたる設定に。テレビドラマ「HERO」では同僚検事を演じていた2人が、護る側と護られる側として共演する。

【写真】超豪華!江口洋介、斎藤工、間宮祥太朗、上川隆也ら集合

 第2話で島崎が護るのは、人権派で知られる裁判官・行永辰夫(田中哲司)の妻・亜佐美。行永宅で自転車に放火される事件が発生したことから、島崎ら日ノ出警備保障の面々が警護を担当。横柄な態度で雑用を言いつけてくる亜佐美だが、島崎は次第に彼女を監視する目線を感じていく……。

[PR]

 “お姫様抱っこ”が登場するのは、亜佐美が絶体絶命の状況に陥り脱出を図るシーン。実はこのシーン、台本上では亜佐美を「かばうように立つ」となっていたのが、当日現場で木村がスタッフに「(亜佐美を)抱いて走ってしまった方がいいのでは?」と提案したことから実現したそう。

 劇中、木村に“お姫様抱っこ”された大塚は「結構何カットも撮影をしたので、重くて大変だったと思うのですが(笑)、木村くんはまったくそんなそぶりも見せず……」と笑顔。また、撮影の合間に大塚が目を留めたのが木村の立ち姿。「ふと木村くんを見たら、立ち姿がすごく真っ直ぐで綺麗だったんです。ボディーガードって何かあったらすぐに動けるように、どちらかに体重をかけてはいけないんですって。だから撮影中だけでなく、普段からそれを意識しているんだ、と話してくれて、さすがだな、って思いました」とそのプロフェッショナルな姿勢を絶賛。

 「以前に共演したときも、今も、そういうストイックな部分は変わらないですね。あとは周りの方々への気遣い。木村くんっていくつも目があるんじゃないかと思うくらい、いろんなところを見て、気を配っているんです。そういうところも変わらないなぁと感じました」と久々の共演を振り返っている。(編集部・石井百合子)

木曜ドラマ「BG~身辺警護人~」第2話(15分拡大スペシャル)は1月25日、午後9:00~10:09、テレビ朝日系24局ネットにて放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]