沢尻エリカ、一度堕ちたら這い上がるしかない!その力強さに松坂桃李も同調

凛とした表情を見せる沢尻エリカ&松坂桃李
凛とした表情を見せる沢尻エリカ&松坂桃李 - 撮影:高野広美

 人気コミックを映画化した『不能犯』(2月1日公開)で、犯罪の立証ができない思い込みや、マインドコントロールを使って殺人を遂行する、謎のダークヒーロー・宇相吹(松坂桃李)に立ち向かう刑事の多田にふんした沢尻エリカが、映画の特異な設定にちなんだ彼女らしい力強いコメントを披露した。

【画像】松坂桃李を追い詰める沢尻エリカ…

 本作で彼女が演じた多田刑事は、自分のルールで捜査にあたり、口は悪いが部下や改心した前科者への面倒見がよく、赤く光る目で対峙した者の心を操る宇相吹のマインドコントロールが効かない唯一の存在。だが、初めて対峙したこの謎の殺人鬼にどこかシンパシーを感じているところもあり、幾度となく仕掛けてくる彼の挑発に激しく心を揺らし、次々に起こる変死殺人事件を止めるためなら間違った方法をとるのも仕方がないと考えたりもする。

[PR]

 そこで、沢尻自身は実際に目の前に宇相吹が現れても「マインドコントロールにかからない自信はあるか?」と聞いてみると、「自分の中にも闇や隙はあると思うけれど、わたしはわたしなので、催眠術やマインドコントロールにはかからないと思う」ときっぱり。「そこは自信がある。根拠のない自信ですけどね」と余裕の笑顔すら見せ、「自分を信じて自分のルールで生きる多田と一緒ですね」と役柄との共通点を強調した。

 その迷いのない言葉に沢尻らしさが滲み出るが、彼女のパーソナリティがもっとも明確に表れたのはその次の質問をしたときだ。「マイナスの思考に堕ちそうになったとき踏みとどまることができるか?」と質問すると、彼女は「とりあえず堕ちて上がります。1回堕ちて、ヤバい! って感じで(笑)」と即答。それを聞いた宇相吹役の松坂も「その方がさらに強く帰ってこられるからね」と同調したが、それを印象づけるような「堕ちたら、あとは這い上がるしかないので。わたしはもうそれの繰り返しですよ」と笑う沢尻の言葉に彼女のたくましい“生”が感じられた。

 そんな強靭なポテンシャルを持った沢尻の心と身体の表現こそが、『不能犯』の鍵を握る大きな見どころ。彼女が初めて挑んだ念願の本格アクションと一緒にその奮闘をしっかりと目に焼きつけたい。(取材・文:イソガイマサト)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]