木村拓哉×松たか子「ラブジェネ」ついに初DVD&Blu-ray化!

待望
待望 - (C)1997 フジテレビ

 1997年に放送された木村拓哉松たか子共演のテレビドラマ「ラブ ジェネレーション」がついにデジタル化され、DVDとBlu-rayになって発売されることが発表された。

【写真】「ラブジェネ」放送時20歳の松たか子、昨年「カルテット」が話題に

 同ドラマは「ロングバケーション」以来の共演となった木村と松が演じた2人の男女を軸に、混沌とした時代に生きる若者の愛を描いたラブストーリー。ある日、広告代理店のクリエイティブ部門で働く片桐哲平(木村)は遊びで一文無しになり、偶然出会った女性と一夜を過ごす。手を出せずに寝てしまい結局ホテル代も自分で払った哲平は、翌朝出社して突然、営業への異動を命じられる。納得できないながらも営業部へ向かうと、そこには昨夜の女性・上杉理子(松)がいて……。

[PR]

 大瀧詠一さんの楽曲「幸せの結末」もスマッシュヒットを記録し、全11話の平均視聴率は30.8%(第3、5、8話以外は全話30%以上)をマークした。これまでVHS版しか発売されていなかった「ラブジェネ」が、20年以上の時を経てファン待望のDVD&Blu-ray化を果たすこととなった。

「ラブ ジェネレーション」のBlu-ray BOX(3枚組、28,200+税)、DVD BOX(6枚、22,800+税)は3月16日より発売開始

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]