ADVERTISEMENT

窪田正孝“ゲジゲジ”で号泣!?幼い頃の兄弟エピソード披露

メガネ姿もステキ! - 窪田正孝
メガネ姿もステキ! - 窪田正孝

 俳優の窪田正孝が10日、都内で行われた映画『犬猿』初日舞台あいさつに出席し、子どもの頃の微笑ましい兄弟エピソードを披露した。この日は、新井浩文江上敬子ニッチェ)、筧美和子吉田恵輔監督も来場した。

【写真】窪田正孝×メガネ×笑顔の破壊力

 本作は、二組の兄弟姉妹による血の繋がりがあるからこその羨望、嫉妬、愛憎渦巻く複雑な関係を、時にユーモラスに、時にシリアスに描いたヒューマンドラマ。真面目で優しいが姑息な弟・金山和成を窪田、凶暴でトラブルメーカーの兄・卓司を新井、仕事はできるが見た目は悪い姉・幾野由利亜を江上、ルックスはいいがおバカな妹・真子を筧が演じている。

ADVERTISEMENT

 窪田は「短い撮影期間でしたが本当に中身が詰まっていて、みんなで芝居をガッツリやったという印象があった」と撮影時を振り返ると、「誰もかぶらない個性的なみんなを監督が一つにまとめてできあがりました」と自信の表情を見せた。そして、「周りにいる人たちに嫌だなと思う人はいると思いますが、そういうのが人間だと思うし、(そう思う自分の)背中を押してくれる作品だと思います」と作品をアピールした。

画像テキスト
登壇した『犬猿』のメンバー

 また、実際の兄弟エピソードを質問されると、兄が二人いる窪田は「小学生までは(ケンカで)血みどろでした」と言いつつも、「いい話がある」と切り出すと、虫捕りをしたときの思い出を紹介。「手にゲジゲジみたいなとんでもないものがついて動けなくて泣きじゃくっているのに、兄は取ってくれなくて笑いながらどこかに行った」そうだが、数分後に「兄が家からティッシュを持ってきて、(虫を)取ってくれた」のだとか。窪田は「血みどろの記憶しかなかったけど、いいこともあったなぁ」としみじみ。新井は「兄貴も(虫を)素手では触れなかったんだね」と兄の子どもらしい可愛い行動に頬を緩めていた。(取材:錦怜那)

映画『犬猿』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT