福山雅治は慎重派!?意外な一面明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
そんなましゃもステキ…

 歌手で俳優の福山雅治が17日、映画『マンハント』公開記念舞台あいさつに桜庭ななみ池内博之と共に出席。福山が川で水上バイクに豪快に乗るアクションシーンなどが注目されている同作だが、福山は「川が濃い緑色だったので、ネットで水質を調べたり、テストをしているアクションチームに水温を聞いたりしました」と意外(!?)と慎重派な一面をのぞかせた。

【写真】福山雅治のスーツ姿…最高

 本作は、『レッドクリフ』シリーズなどの巨匠ジョン・ウー監督が、高倉健さん主演で映画化された『君よ憤怒の河を渉れ』を再映画化。主演に福山とチャン・ハンユーを迎え、日本でオールロケを行ったアクション大作だ。

[PR]

 先週公開され「福山雅治の史上最高に戦闘能力が高い役柄」と評判になっていることに「確かにいままでそれほど戦闘する役がなかったということもありますが、自分で観てもそう思いますね」と新境地を切り開いた自覚があることを述べると「もちろんですが、銃も持ったことがないので、撮影用のモデルガンを持ち歩いて身体に馴染ませていました」と役作りについて語った。

 また、今作はクランクイン時点から設定が大きく変わっていく撮影だったという。天神製薬社長の息子というヒール役で出演している池内だが、最初は敵を追う刑事の役だったそう。そんな撮影現場に福山は「(『そして父になる』や『三度目の殺人』でメガホンをとった)是枝(裕和)監督も現場でいろいろと設定が変わっていくことがあるので、慣れています」と語ると「いろいろなやり方があると思いますが、僕は新鮮な気持ちが保てるので好きです」と魅力的な撮影だったことを明かした。

 本作で“戦闘能力の高い福山雅治”を披露したが「僕ら50歳前後の世代は、踊ることがなかった世代。これまでは踊ることができない日本人として生きてきましたが、人生で一度ぐらいは踊ってみたい」と新たな野望も語っていた。(磯部正和)

映画『マンハント』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]