圧倒的な美しさ!中山美穂&キム・ジェウク、年の差カップル描く『蝶の眠り』予告編

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
美男美女にうっとり…… - (C)2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS

 中山美穂の5年ぶり映画主演作で、ドラマ「コーヒープリンス1号店」の韓流スター、キム・ジェウクと共演する『蝶の眠り』(5月12日公開)予告編が公開。アルツハイマーに侵された50代作家と韓国人留学生、美しい年の差カップルの恋愛模様が一部お披露目となった。

【動画】中山美穂&キム・ジェウクが年の差カップルに!『蝶の眠り』予告編

 小説家として成功しながら遺伝性のアルツハイマーに侵され、人生の終焉を迎えようとしていた涼子(中山)と、ひょんなことから出会った韓国人留学生チャネ(ジェウク)の恋の顛末を描く本作。公開となった予告編は、2人の決定的瞬間の数々を切り取ったもの。窓際で眠るチャネと彼の髪を優しくなでる涼子など甘美なひとときから一転して、涼子が思いつめた表情で病を告白する場面を機にトーンがガラリと変わり、決断を迫られる悲劇の恋人たちへと化していく。

[PR]

 彼を愛するからこそ「今、この瞬間さえ記憶から消えてしまうかもしれない」「醜い姿は見せたくないの」と葛藤するヒロインが、あまりにも哀しい。実年齢より年上の役柄にふんし多彩な表情を見せる中山、全編日本語での演技に挑戦し胸キュンのセリフを連発するジェウク、絵に描いたような美男美女のコンビネーションに酔いしれる。

 2人の愛を美しく彩るのは、ポップスユニットshowmoreのボーカルとしても活躍する根津まなみのエンディング・テーマ曲「朝焼けの中で」。『子猫をお願い』などで知られる韓国人女性監督チョン・ ジェウンが、ヒロインの作家らしい住居や書斎、日本文学をリスペクトした劇中劇などで独特のこだわりを見せている。(編集部・石井百合子)

映画『蝶の眠り』は、5月12日より角川シネマ新宿ほか全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]