知英、映画初主演作の初日に感無量!竹中直人から太鼓判

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「緊張します」と語っていた知英

 元KARA知英が24日、都内で行われた映画『レオン』公開初日舞台あいさつに登場。知英は本作で劇場用長編映画初主演を果たしており、登壇すると感無量の表情。「いよいよみなさんに観てもらえますが、緊張します。どういう反応が返ってくるか。今回、わたしの(役の上の)親父っぷりをどう思ってもらえるか心配です」と話して笑顔を見せた。

【写真】知英、インパクト大の指輪をつけて登壇

 ナイスバディーだけが取り柄の地味なOL・小鳥遊玲音(知英)と年商500億の会社の女好きワンマン社長・朝比奈玲男(竹中直人)の「心」と「身体」が入れ替わってしまうという大ハプニングをコミカルに描く本作。この日は竹中、大政絢山崎育三郎斉藤慎二ジャングルポケット)、ミッツ・マングローブ、メガホンをとった塚本連平監督も出席した。

[PR]

 知英は見所について問われると、「竹中さんと心が入れ替わったあと、病院で目を覚まして竹中さんの体の上に寝て『戻れ、戻れ』っていうシーンがあるんです。それが楽しいんです。ぜひ注目してほしいシーン。そこからどんどん物語も面白くなっていきます」と紹介。

 そのシーンでは竹中の演じるキャラクターは目を開けながら眠るという設定だったというが、竹中も「知英さんが僕の上に寝るというか乗ってくる。僕は目を開けながら寝ているんですけど、それが面白くて。あまり笑わない人間なのに思わず笑っちゃいました」と撮影を振り返った。

 知英の演技には感心させられるところが多かったという竹中。「日本語がしゃべれて当たり前と思っちゃうけど、違う。こんなにも微妙なニュアンスまで日本語のセリフで表現できるなんて素晴らしい」と改めて絶賛し、客席にも「しかもこの映画の知英は圧倒的にチャーミングです」と呼びかけて知英を喜ばせた。

『レオン』チーム

 大政も知英、竹中との共演シーンを振り返り、「2人が入れ替わったとたん、スイッチが入ったように役になりきっていた」とコメント。その入れ替わりっぷりは戸惑ってしまうほどだったと明かし、「カメラが止まってもどっちと話しているかわからなくなるくらいでした」と話して二人の役作りを称えていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『レオン』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]