葵わかな、朝ドラ10か月の原動力は松坂桃李

「わろてんか」クランクアップを迎えた葵わかな
「わろてんか」クランクアップを迎えた葵わかな

 NHKの連続テレビ小説「わろてんか」の撮影が27日に大阪市内のスタジオでクランクアップを迎え、主演の葵わかながセレモニーに出席。10か月にわたる撮影を終えた率直な心境を語った。

【写真】「わろてんか」撮影終了!葵わかな、共演者のサプライズに感極まる

 スタッフによる「クランクアップです!」の掛け声とともに、スタジオに紙吹雪が舞う演出で、ヒロインの最後の撮影を祝ったクランクアップセレモニー。明治から昭和初期までの活気あふれる大阪を舞台に、小さな客席経営を始めた夫婦の奮闘を描いた本作のヒロイン・北村てんにふんし、10か月にわたる撮影を終えた葵は、これからやりたいこととして「共演者の皆さんとご飯に行きたいです」とコメント。続けて「これまでの10か月やらなきゃいけないことに追われていた日々だったので、何もしなくていい時間を過ごしたいなと。家でのんびりしたいと思います」と達成感をにじませながら語った。

[PR]
わろてんか
サプライズで駆け付けた武井風太役の濱田岳

 ドラマの撮影が始まる前と撮影後の自身の変化について問われると「てんちゃんに影響されてか、現場の空気に影響されてか、わたし自身が撮影前より格段に笑うようになりました。撮影の前は“笑顔が大事”とか“笑った方がいい”とか意識したことがなかったので、笑うことの大切さを学べたのは、自分が大きく変わったことだなと思います」と自身の成長を振り返る。

 さらに10か月の撮影を支えたものや原動力を聞かれた彼女は「ヒロインという大きな役目を与えてもらえた嬉しさが大きかった」と言いつつ、「撮影中は松坂桃李さんが側で支えてくださったので、松坂さんと“藤吉とてん”という夫婦の関係で撮影できたのが何よりの支え、原動力だったと思います」と二人三脚で歩んできた夫役の松坂桃李に感謝を述べていた。(取材・文:スズキヒロシ)

連続テレビ小説「わろてんか」(全151回)は毎週月~土曜、NHK総合にて午前8:00~3月31日まで放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]