シネマトゥデイ

長谷川京子、野島伸司ドラマで“伝説の元受付嬢”に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キャスト陣が“猫ポーズ”!「彼氏をローンで買いました」メインビジュアル - (C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン

 長谷川京子が、真野恵里菜横浜流星が出演するdTVとFODの共同製作ドラマ「彼氏をローンで買いました」で、伝説と語り継がれる元受付嬢という役どころに挑戦することが明らかになった。「高校教師」や「未成年」などの野島伸司が手がけた脚本について長谷川は「『面白い! こんな作品、作っていいの?!』というのが脚本を読んだ最初の感想です」と明かしている。

【写真】スタイル抜群の長谷川京子

 本ドラマは「エリート彼氏と結婚をして専業主婦になる」という夢を持ち、猫をかぶりながら社会で奮闘する受付嬢の主人公・浮島多恵(真野)が、ストレス発散用に月額39,800円で“ローン彼氏”の刹那ジュン(横浜)を購入したことで動き出す心模様を描き出す作品。これまで「社会的タブー」や「禁断の愛」に迫ってきた脚本家の野島が、「現代女性のリアル」をテーマにかき下ろした。

[PR]

 そんな作品で長谷川は、かつて「伝説の受付嬢」と言われ、誰もがうらやむエリートと結婚したものの、猫をかぶることに限界を感じて離婚、シングルマザーとなり現在はコンビニの店長として働きながら生活する南場麗華を演じる。

 長谷川は「女同士の会話があけすけでリアリティーがある、例え話が気がきいていて笑っちゃう。現場でセリフを言う度に、わたし自身のストレスまで解消してくれています」と脚本を絶賛しており、“猫をかぶる女性”については「猫をかぶる、女性。アリです! わたしは残念ながら猫をかぶり続ける持久力がありませんが、ほしいものを手に入れるため、幸せのため、女性は日々頑張っているんです!」と語っている。(編集部・海江田宗)

dTV×FOD共同製作ドラマ「彼氏をローンで買いました」は3月9日より配信(全8話。毎週金・月更新)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]