シネマトゥデイ

「相棒」大杉漣さん代役に杉本哲太 台本・設定そのまま

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
杉本哲太 - (C)テレビ朝日

 21日に急性心不全のため亡くなった俳優・大杉漣さんが準レギュラーとして出演していた人気ドラマ「相棒 season16」(テレビ朝日系)の最終回で、大杉さんの代役を杉本哲太が務めることが明らかにされた。

大杉漣さん楽屋裏に突撃【先月掲載の動画】

 テレビ朝日の発表によると、14日に放送される同ドラマの最終回スペシャルはすでに撮影が佳境を迎えており、大杉さんも警視庁副総監の衣笠藤治役で撮影に参加していた。そして今回の突然の訃報を受け、番組サイドは様々な対応策や可能性を検討。その結果、台本や設定に変更は加えず、杉本に代役を依頼することが決定した。

[PR]

 杉本は以前、自身の主演作に大杉さんに出演してもらったことがあり、杉本にとって大杉さんは「指標とすべき存在」だったという。2人は昨年フジテレビで放送された「FNS27時間テレビ にほんのれきし」内のドラマ「僕の金ヶ崎」でも共演しており、2009年に公開されたホラー映画『ひぐらしのなく頃に 誓』では、前作『ひぐらしのなく頃に』(2007)で杉本が担当していた役柄を大杉さんが引き継いだこともある。

 大杉さんは2016年に放送された「相棒 season15」の初回スペシャルより衣笠として登場。以降、準レギュラーとして作品に欠かせない存在感を放っていた。テレビ朝日は代役の知らせとともに「大杉漣様のご急逝の報に接し、共に作品を作り上げてきたキャスト・スタッフ一同は大きな悲しみに包まれております。ここに、謹んでお悔やみを申し上げるとともに、大杉様のこれまでの多大なご功績に深く感謝し、心からご冥福をお祈り致します」というコメントを発表している。(編集部・海江田宗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]