シネマトゥデイ

スティーヴン・キングの物語詩、テレビシリーズ化!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
骨の教会気になります…… - 原作者のスティーヴン・キング - Ulf Andersen / Getty Images

 スティーヴン・キングが1960年代に執筆した物語詩「ザ・ボーン・チャーチ(原題) / The Bone Church」がテレビシリーズ化されるとDeadlineが報じた。

【場面写真】こっち見てる…スティーヴン・キング原作『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

 詩はジャングルの奥深くにあるという謎の骨の教会を探すため、探検隊を結成した冒険家の物語。32人のうち生存者は3人で、そのうちの一人がバーで客に語る形で物語は展開する。

[PR]

 シリーズを手掛けるのはテレビドラマ「ジ・アメリカンズ」「メンタリスト」のエグゼクティブプロデューサーを務めたクリス・ロングと映画『スーサイド・スクワッド』『ブライト』のデヴィッド・エアー監督が立ち上げた制作会社シダー・パーク・エンターテインメント。同社にとっては米ケーブル局Starzのドラマ「ファミリー・クライムズ(原題)/ Family Crimes」に次ぐ2作品目となる。

 ここのところキング作品の映像化はとどまるところを知らず、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』と『シャイニング』の続編が製作されるほか、J・J・エイブラムスとスティーヴン・キングがタッグを組むHuluドラマ「キャッスルロック(原題) / Castle Rock」も始動している。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]