華麗すぎ…!中川大志、ドラム練習映像が公開『坂道のアポロン』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
劇中で華麗なスティックさばきを披露 - (C) 2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C) 2008 小玉ユキ/小学館

 まもなく公開される知念侑李中川大志小松菜奈ら出演の映画『坂道のアポロン』(3月10日公開)から、中川のドラム練習風景を撮影したオフショット映像がお披露目となった。本作は、劇中で知念がピアノ、中川がドラムの本格的なパフォーマンスを披露することでも話題を集めており、映像ではその舞台裏が垣間見える。

【動画】中川大志のドラム演奏がすごい!『坂道のアポロン』練習風景映像

 『ホットロード』『青空エール』など多くの青春映画を手がけてきた三木孝浩が監督を務める本作は、都会から転校してきた高校生・薫(知念)がクラスメートの千太郎(中川)や律子(小松)との出会いや友情、恋愛を経験するなかで、ジャズが重要なモチーフになっている。先日の完成披露舞台あいさつでは、知念と中川が劇中曲を生演奏したが、今回の映像では、熱のこもったドラムの練習風景を間近に感じることができる。

[PR]

 ラフなTシャツ姿の中川がドラムの練習をしているのは、映画のハイライトとなる文化祭での演奏場面が撮影された体育館。中川が演じる千太郎は、札付きの不良と恐れられながらも豪快で明るい性格だが、じつは出生に秘密を抱えており、ジャズを心のよりどころとしている、という複雑な役どころ。さらに幼少期からジャズドラムに打ち込んできたという設定のため、演技にも高度なテクニックも要求される。中川はもともとドラムの経験はあったものの、ジャズドラム初挑戦となったが、本作のために10か月近くも練習を重ね、三木監督や楽器指導の先生も驚くほどのパフォーマンスを完成させたという。オフショット映像の笑顔を浮かべながら力強くドラムを叩く中川からは、純粋にジャズとドラムを愛する千太郎を体現しようとする意気込みが伝わってくる。

 実際に本編で使用された、ピアノを弾く知念とセッションするシーンでは、吹き替えなしのものが多く用いられているとのこと。2人の練習風景だけでも感動してしまったと語る三木監督は、「その時点で『この映画はここに向かえばいいんだ』という方向性を彼らに示してもらった」と語り、2人のパフォーマンスが本作の魅力を高めていると賛辞を贈った。(編集部・大内啓輔)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]