シネマトゥデイ

三浦春馬主演!伊坂幸太郎、唯一の恋愛小説集映画化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
イケメンだな~

 映画化された「重力ピエロ」「ゴールデンスランバー」などの人気作家・伊坂幸太郎の唯一の恋愛小説集「アイネクライネナハトムジーク」を、三浦春馬主演で実写映画化することが発表された。恋愛映画の旗手として注目される今泉力哉監督がメガホンを取る。

【写真】主演・堺雅人、原作・伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』

 原作は、2014年に単行本が発売されて2017年に文庫になり、現在に至るまで42万部(電子書籍を除く)を売り上げているベストセラー。「アイネクライネ」に始まり「ナハトムジーク」で終わる6章の短編からなる本なのだが、登場人物それぞれに伏線があり、最終章でそれが回収されるという伊坂ならではの仕掛けがある。映画版は三浦ふんする「劇的な出会い」を待つだけのボク・佐藤を中心に展開される。

[PR]

 三浦は「『アイネクライネナハトムジーク』という作品に関われること、とても光栄に思います」とコメント。「この作品に登場するキャラクターが過ごす一瞬や、大切な人との言葉のやりとりが人生の音符となり、柔らかな応援歌になるよう、監督をはじめ、スタッフ、キャスト、一丸となって撮影にのぞみたいと思います!」と意気込みを語っている。映画のクランクインは4月。オール仙台ロケが敢行される予定で、公開は今年の冬。

 伊坂唯一の恋愛小説集「アイネクライネナハトムジーク」誕生のきっかけになったのはアーティストの斉藤和義。元々、伊坂は斉藤の「幸福な朝食 退屈な夕食」を聞いて会社を辞めて作家活動に専念する決意をしたという逸話がある。そんな斉藤から「出会い」をテーマに作詞の依頼がきたことから伊坂は第1章「アイネクライネ」を執筆。これを受けて斉藤が楽曲「ベリー ベリー ストロング ~アイネクライネ~」を制作し、同曲がシングルカットされるにあたり、初回限定盤に付属される特典用小説として伊坂が書き下ろした「ライトヘビー」が「アイネクライネナハトムジーク」の第2章になっている。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]