シネマトゥデイ

「第26回橋田賞」松たか子、有村架純、竹内涼真ら受賞者発表

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「橋田賞」受賞の松たか子(2017年1月撮影)、「橋田賞新人賞」受賞の有村架純(2016年9月撮影)&竹内涼真(2017年10月撮影)

 日本人の心や人と人とのふれあいを温かくとりあげてきた番組と人に対して顕彰助成する第26回「橋田賞」の受賞作品及び人物が31日、発表された。「橋田賞」を「コウノドリ」(TBS)ほか1作品、松たか子ら4名が受賞。「橋田賞新人賞」を有村架純竹内涼真が受賞したほか、2月21日に急性心不全のため急逝した大杉漣さんに「橋田賞特別賞」が贈られた。昨年に続き、橋田賞大賞は該当なしの結果となった。橋田賞各賞と受賞理由は次のとおり。

【写真】綾野剛主演「橋田賞」受賞作品

【橋田賞大賞】
該当なし

[PR]

【橋田賞】
NHK スペシャル「戦慄の記憶 インパール」(NHK)
太平洋戦争で最も無謀と言われた「インパール作戦」の戦場となった地帯を特別な許可のもと初めて撮影に成功し、その全行程を取材。またイギリスに遺されていた日本軍指導者の尋問調書、10時間を越える当時の映像などから、悲惨な戦いの全貌を初めて浮かび上がらせた。先の戦争を未来へと伝える新しい可能性を示し、大きな反響を呼んだ。

「コウノドリ」(TBS)
真摯に「命」と向き合い、「生まれてきたことの意味」「命を授かる奇跡」を丁寧に描きながら、出産後の葛藤、試練を乗り越えていく医療関係者と赤ちゃんの家族の未来を見据えたあたたかい人間ドラマを制作し多くの視聴者に感動を与えた。

岡田惠和(脚本家)
本年度の「最後の同窓会」(テレビ朝日)、「ひよっこ」(NHK) のオリジナル脚本に対して。優しい眼差しで人間を丁寧かつ繊細に描き、視聴者に温かく心に残る感動を与えた。

松たか子(俳優)
本年度の「カルテット」(TBS)の演技に対して。謎の多い男女4人の奇妙な共同生活を通し人生の機微を繊細に描いた脚本を十二分に活かし、壮絶な過去を背負った主人公を見事に演じきった。

阿川佐和子(エッセイスト・タレント)
自然でさわやかな進行で、ゲストの意外な側面や表情を引き出す
「サワコの朝」の司会のほか、本年度は、「陸王」(TBS)での好演が多くの視聴者の共感を呼んだ。

桂文珍(落語家)
「居酒屋もへじ」シリーズ(TBS)での演技に対して。熟練の俳優陣の中にあって、温かで不思議な独特の存在感を醸し出して作品を盛り上げ、高い評価を得た。

【橋田賞新人賞】
有村架純(俳優)
今年度の「ひよっこ」(NHK)での演技に対して。毎日を懸命に生きる普通の少女という役柄と真摯に向き合い、ひとつひとつのセリフを大切にする迫真の演技で、役に輝きと生命感を与え、多くの視聴者を魅了した。

竹内涼真(俳優)
本年度の「陸王」(TBS)、「ひよっこ」(NHK)等での演技に対して。役柄に集中し、新鮮で若々しく真摯な演技は多くの視聴者の共感を呼んだ。

【橋田賞特別賞】
石坂浩二(俳優)
本年度の「やすらぎの郷」「相棒」(テレビ朝日)等において、味わい深い安定した演技で高い評価を得たほか、長年に亘り、テレビ界に貢献してこられた功績に対して。

大杉漣(故人・俳優)
本年度の「相棒」(テレビ朝日)をはじめ、さまざまな役柄における独自の存在感のある演技と優しい人柄で多くの仲間や視聴者に広く愛された。長く記憶にとどめ、その功績を称えたい。

 授賞式は7月18日に行われ、受賞者には本賞(置時計)と副賞(賞金100万円)が贈られる。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]